体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名古屋めしライターが激オシする「鉄板メニュー」おすすめ店はここだ!

f:id:Meshi2_IB:20170210210153j:plain

名古屋めしの必須アイテムといえば何をイメージするだろう?

味噌? ピリ辛の台湾ミンチ? それともたまり醤油を思い浮かべるマニアックな人もいるかもしれない。

ほら、まだ忘れているモノがあるではないか。

それは「鉄板」である!

名古屋エリア以外では鉄板は主にステーキやハンバーグなどの肉料理に用いられる。いわば、セレブな料理の象徴なのである(笑)。しかし、名古屋では大衆文化の象徴ともいうべき喫茶店から「鉄板メニュー」は生まれ、広がっていったのである。

「喫茶 キャラバン」の定番イタスパ

鉄板を使った、もっともメジャーなメニューは、名古屋の喫茶店で食べられるイタリアンスパゲティ、通称「イタスパ」だろう。熱々の鉄板に盛られた「イタスパ」がジュージューと食欲をそそる音を立てながら運ばれるとき、テンションはMAX! この、何ともいえないリッチな気分が名古屋人にはたまらなく心地良いのである。

そもそも「イタスパ」が誕生したのは昭和30年代。東区の車道商店街にある喫茶店が発祥である。マスターがイタリア旅行へ行った際にトマトソースのスパゲティを食べたものの、途中で冷めてしまったことに不満を持った。

しかし、その翌日に鉄板焼きのステーキを食べ、これならいつまでも熱々のものが食べられると思い、帰国後にスパゲティを鉄板にのせたのがはじまりだ。マスターのもくろみ通り、「イタスパ」は大人気となり、瞬く間に市内に広がった。

私がオススメする「イタスパ」はここ、名古屋市内の東区泉2丁目にある「喫茶 キャラバン」で食べられる。

f:id:Meshi2_IB:20170210210137j:plain f:id:Meshi2_IB:20170210210143j:plain

お店は1981(昭和56)年創業。店内には麻雀のゲーム機が置いてあったり、レトロな雰囲気が心地良い。

では、さっそくお目当てを。

f:id:Meshi2_IB:20170210210153j:plain

これが看板メニューの「イタリアンスパゲティ」(750円)。

あんかけスパにも使われる極太麺が何ともうまそうである。通常、巷の「イタスパ」の味付けはケチャップを使う。それがまた懐かしい味わいを醸し出すのだが……。

f:id:Meshi2_IB:20170210210221j:plain

ウチはケチャップで炒めた豚肉と玉ネギ、マッシュルームをワインでじっくりと煮込んだ自家製のトマトソースを使っています。この方が味に深みが出るんですよ。

マスターの大保康高さんはそう語る。

f:id:Meshi2_IB:20170210210244j:plain

また、鉄板に流し込む溶き卵には生クリームをプラス。固まりにくいので時間が経ってもフワフワの食感が楽しめる。

従来の「イタスパ」をブラッシュアップさせた逸品だ。

お店情報

喫茶 キャラバン

住所:愛知県名古屋市東区泉2-3-22カーサ南白壁1F

電話番号:052-931-3898

営業時間:7:30~21:00(LO 20:30)

定休日:不定休


「キッチン はせ家」の迫力満点「ミートソース」

鉄板スパは何も「イタスパ」だけではない。「イタスパ」を出すお店の多くは「ミートソース」やインディアン(カレー)も用意している。

「イタスパ」が代名詞的な扱われ方をするのは、あまりにも有名になりすぎたからだ。しかし中には、「イタスパ」よりも「ミートソース」の方が人気のお店もある。

それが東区泉1丁目にある洋食店「キッチン はせ家」だ。

f:id:Meshi2_IB:20170210210343j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。