体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

短編フリーゲームRPG『ココロの心~ふたりの心~』 綺麗で切ない物語と“感情”がカギのゲームシステムが特徴

今回は、切ない物語の短編フリーゲームRPG『ココロの心~ふたりの心~』を紹介します。雨宮かるた氏によって制作された本作は、2013年に制作・公開した『ココロの心』のRPGツクールMV版でのリメイク作品。特徴としては短編ながらまとまった物語と、しっかり描写されたキャラクター、そして“感情”をポイントにした凝った戦闘システムがあげられます。

物語の始まり

image13
最初に目にするゲームのタイトル画面。綺麗なグラフィックと、少女たちの少し悲しそうな表情が、このゲームの内容を物語っています……。

image06
強気で明るく、頭脳明晰な少女シリサ。なんとなく意地悪そうな笑顔が似合います。
 
物語の中心となるのは、シリサとココロという二人の少女。シリサはいわゆる天才少女で、世界中の科学者が苦悩して開発しているような技術を、趣味感覚で数か月程度のうちに完成させてしまうほどの頭脳をもっています。しかし性格はおてんばといった感じで、私生活は非常に頼りなく、一人では衣食住もままならないほど……。

image15
大人しくて儚げな印象の少女ココロ。シリサの友達で、苦労人のようです。
 
そんなシリサの面倒を見ているのが、友達のココロ。シリサとは対照的で、落ち着いたクールな性格をしています。街へ買い出しに行ったり、シリサの実験に付き合わせらせたり。控えめで振り回されながらも、シリサのことを思いやっているいい友達です。

image05
日ごろから一人でとんでもない発明をしているシリサ。今回も一人でとんでもない技術レベルの機械を作っていました。
 
物語の始まりは、人の心の中に入れる機械を開発したシリサが、ココロの心の中に入ろうと言い出すところです。なんと人の心の中の世界を、別の人も探索できるようになるという機械。ココロは仕方なくいつもどおりに実験に付き合います。

image08
ココロの心に入ると、辺りは一面雪景色。小さな集落があり、人もいるようです。心なのに寒い景色だと言うココロと、綺麗だと言うシリサ。

image12
ココロの心の中に住むセラ。シリサとココロのサポートをしてくれます。

見つけたのは雪に覆われた大樹と、その前で出会うセラという人物。大樹は心の持ち主の感情を表し、セラは宿主の心の傷を修復する仕事をしているそうです。そして今の大樹が表しているのは、ココロ本人も気づいていない、悲しみと少しの怒りの感情……。

image17
実験で振り回しながらも、ココロをとても大事な友達だと思っているシリサ。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。