体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冬の魚はアンコウ、冬の温泉は化石海水! 茨城県大洗町「潮騒の湯」で旬を両方いただきます!

f:id:Meshi2_Writer:20170111184512j:plain

野菜をバランスよく食べることができ、味のバリエーションが豊富な鍋。冬を代表する料理です。

一方で冬の魚は脂がのり、素材のポテンシャルが最も発揮される時期。私が思うに、その組み合わせの最高峰はアンコウ鍋ではないでしょうか。アンコウの産地である茨城県の湾岸地域、大洗にある温泉で温まってからアンコウ鍋が食べられると聞き、行ってきました!

f:id:Meshi2_Writer:20170111184401j:plain

東京から常磐道、北関東自動車道と乗り継いで茨城県大洗町にやってきました。

ここは大洗サンビーチ。12月でも多くのサーファーで賑わっています。

f:id:Meshi2_Writer:20170111184418j:plain

後ろを振り向くと、空の青に映える黄色い看板が目印、「潮騒の湯」があります。

本日はここでアンコウ鍋と温泉をいただきます。

f:id:Meshi2_Writer:20170111184433j:plain

入り口に回ってみました。「潮騒の湯は太古の海からの贈りもの」……すごく貴重な温泉っぽい!

f:id:Meshi2_Writer:20170111184447j:plain

その源泉が、駐車場の一角にありました。ここで湧き出した源泉を湯船に送っています。

このビジュアル、温泉とともに私の中で親近感も湧いてきました。

温まる化石海水と涼しい潮風が快感すぎる

「駐車場温泉」のイメージが強くついてしまった「潮騒の湯」。

とはいえ、海のロケーション、化石海水の温泉と、風呂の条件は極めていいはず。

f:id:Meshi2_Writer:20170111184512j:plain

うわー、めっちゃいい!!

涼しい海風で常に湯けむりが舞い踊り、湯船との温度差が気持ちいい! 露天風呂は「潮騒の湯」自慢の化石海水の温泉で満たされています。肌をぬぐうと摩擦が増したような感覚がありますね。

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。