体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

片手で操作できる! 縦型スライド『iPhone 4』キーボードケース

縦型スライド式 iPhone 4 キーボードケース

ガラケーのキー入力が恋しい『iPhoneユーザー』みなさん、また新たに縦型のキーボードケースが登場しましたよ。サンコーは、片手で操作できる『iPhone 4』用のキーボードケース『縦型スライド式 iPhone 4 キーボードケース』を発売しました。片手でチャッとスライドさせて使う、Bluetoothキーボードを搭載しています。

縦型スライド式 iPhone 4 キーボードケース

縦型キーボードのメリットは、片手ですべてのキーボードを押せること。、ガラケーの片手打ちに慣れていて、タッチパネルにいまいち順応できない人は、縦型のキーボードケースに食指が動くのではないでしょうか。

縦型スライド式 iPhone 4 キーボードケース

同製品は、ホーム、ロック、音量、輝度調整、再生、先送り、前戻しなどのショートカットキーも使用可能。矢印キーも搭載し、カーソル移動が簡単に行えます。ワイヤレスのBluetooth(2.0)接続ですのでケーブルは不要。付属のUSBケーブルで約4時間(初回のみ12時間)でフル充電、最大約45日間使用できます。

縦型スライド式 iPhone 4 キーボードケース

キーボードは19mmと薄型で軽量。サイズはW117×D63×H19mm、重さ71g(iPhone 装着時210g)、対応OSはiOS 4.0以降(5.1で動作確認済み)。販売価格は4980円(税込み)。
 

 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。