ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

旅行者が選ぶ「訪れるべきヨーロッパの都市」 1位はポルトガルの港町ポルト

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
porto1

旅行好きな人たちの投票によってヨーロッパのオススメの都市を決定するアワード『Best European Destination 2017』の結果が発表され、ポルトガル北部の港湾都市ポルトが1位に輝いた。このアワードは、European Best Destinationsが主催し、ノミネートされた20の都市の中から、観光でぜひとも訪れておきたいオススメの都市を旅行者の投票によって選出するもの。今回は174カ国から42万6859票の投票があった。

【動画】Porto – European Best Destination 2017 Official Video(Vimeo)


Porto – European Best Destination 2017 Official Video from European Best Destinations on Vimeo.

1位:ポルト(ポルトガル) 13万8116票

ポルトは2012年、2014年に続く3度目の1位。聖グレゴリウス聖堂などの教会を含む旧市街地全体が世界遺産登録され、名門サッカークラブFCポルトの本拠地として、またポートワインの産地としても知られている。得票数についてはポルト市およびポルトガル観光局のキャンペーンに後押しされた動員票もあったが、56.8%は海外からのもの。とりわけアメリカ、イギリス、フランス、デンマーク、南アフリカ、韓国、アイルランド、カナダの旅行者からの支持を集めた。ポルトに投票した旅行者の1人は「通りと古い家並みの美しさ、文化、食事、ワイン、川沿いのテラス、海、気候はどれも素晴らしく、恋せずにはいられない」とコメントしている。

2位:ミラノ(イタリア) 5万2836票

西ローマ帝国時代から栄える北部イタリアの中心都市。ドゥオーモ、壁画『最後の晩餐』、スカラ座、ACミランなど見どころを挙げたらきりがない。特にスイスとアメリカの旅行者に人気。

3位:グダニスク(ポーランド) 4万6852票

ポーランド北部の港湾都市。黄金の門から続くメインストリートは、ドイツ、オランダ、ユダヤの商人が行き交っていた黄金時代の面影を今に伝える。名産の琥珀を展示する琥珀博物館も有名。ポルトガル、スペイン、日本からの投票が多かった。

4位:アテネ(ギリシャ) 3万8627票

3500年前から続く世界最古の都市。アクロポリスのパルテノン神殿、ニケ神殿、ディオニソスの劇場はぜひとも見ておきたい。特にオーストラリア人とロシア人に大人気。

5位:サンセバスチャン(スペイン) 2万3113票

フランスとの国境に近い港町。ラ・コンチャ海岸のビーチは町のシンボル。国際映画祭の時期には世界中から文化人が集まる。バスク料理も試してみたい。

6位:ソゾポル(ブルガリア) 2万690票

その歴史は紀元前7世紀に作られたギリシャの植民都市に遡る。黒海に面し、夏にはロシア・ヨーロッパ全土から旅行者が集まるリゾート地。石畳の道が続く旧市街地が見どころ。

7位:ウィーン(オーストリア) 1万8342票

モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトなどが活躍した音楽の都。ウィーン歴史地区として町全体が世界遺産登録されている。毎年NHKが中継するウィーンフィルのコンサートは日本人客も多い。

8位:スタリー・グラード(クロアチア) 1万3834票

アドリア海に浮かぶフヴァル島にある人口3000人弱の小さな港町。アドリア海の中でも最も日照時間の長い島として知られる。ぶどうやオリーブ畑には紀元前4世紀頃にギリシャ人によって築かれた石垣が今もそのまま残る。

9位:バーゼル(スイス) 1万989票

ドイツ・フランス・スイス3国の国境が接するスイス第3の都市。各国の様式が混在する古い聖堂や、漫画、製紙、楽器などのユニークな博物館が見どころ。

10位:マドリード(スペイン) 9624票

スペインの首都。市の紋章にもなっているコケモモと熊の銅像があるプエルタ・デル・ソルの広場、王宮、サン・イシドロ教会などが人気スポット。レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウはサッカーファンならずとも見ておきたい。

11位:ロッテルダム(オランダ) 8981票

欧州一の荷揚げ量を誇るロッテルダム港を擁する港湾都市。世界最大の鉄鋼メーカーであるミッタル・スチールの本社もここ。様々な国の出身者が暮らす多文化共生のこの町では斬新なデザインの建築群やロッテルダムテクノが生まれた。

12位:ローマ(イタリア) 8932票

西洋文明を代表する“永遠の都”。映画『ローマの休日』でオードリー・ヘプバーンがジェラート食べていたスペイン広場の階段は、現在では飲食禁止となっており罰金刑の対象となるので注意。

13位:パリ(フランス) 8113票

年間8千万人以上の外国人観光客が訪れる世界一の観光大国の首都。直径10kmほどの市街中心部に、エッフェル塔、凱旋門、ルーブル美術館といった観光名所が集中しており、ホテルや交通機関などの受け入れ態勢もしっかりしていることが人気の理由。美食の都としても名高い。

14位:ボニファシオ(フランス) 8087票

コルシカ島南端の主要港で、フランス人の夏季保養地として人気。石灰岩の断崖の上に広がる旧市街地が印象的。

15位:ワイルド・タイガ(フィンランド) 6938票

ヘルシンキから北に480kmほど行ったところにあるロシアとの国境に近い地域がアワード初入選。野生のシカやクマの観察、カヌー体験、犬ぞりツアーなど、自然との触れ合いを楽しむことができる。冬には美しいオーロラが現れる。今回、特に中国人と韓国人旅行者からの人気を集めた。

画像とソース:『European Best Destinations』プレスリリースより引用
http://www.europeanbestdestinations.com/best-of-europe/european-best-destinations-2017/[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。