体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クルマに、もっと物語を。「ジャパンキャンピングカーショー2017」開催

▲「クルマに、もっと物語を。」がテーマのジャパンキャンピングカーショー2017

▲「クルマに、もっと物語を。」がテーマのジャパンキャンピングカーショー2017

国内最大規模のキャンピングカーショー

2017年2月2日から5日まで幕張メッセにて、300台以上のキャンピングカーが展示される「ジャパンキャンピングカーショー2017」が開催されております。こちらのイベントは、全国のキャンピングカービルダーが出展する新型車をはじめ、ロングセラーモデルや各種パーツ等の展示も楽しめるものとなっています。今回のテーマは「クルマに、もっと物語を。」ということで、キャンピングカーをより身近なものに感じてもらえるようなイベントとなっております。キャンピングカーは、一昔前までは限られた人たちだけが楽しむものという認識がありましたが、より多くの人たちの身近な存在になってきていると感じました。軽キャンパーのようなライトなものでも十分に楽しい旅行を楽しめますし、楽しみ方の幅が広がるものであると思います。

今回は展示車両の中から、何台かピックアップしてご紹介します。キャンピングカーは形状や大きさで数種類にカテゴリー分けされます。例えば以下のようなモデルがあります。

キャブコンバージョン

運転台(キャブ)の付いたシャシーに居住スペースを付けたキャンピングカーです。広い居住スペースを持っており、ハイグレードなものには、リビングとベッドが完全に独立していたりトイレやシャワールームが付いているものもあります。キャンピングカーといえばこの形を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

▲マツダ ボンゴトラックがベースのキャンピングカー(VANTECH製)

▲マツダ ボンゴトラックがベースのキャンピングカー(VANTECH製)

▲車内は大人4人が十分にくつろげる空間が広がっている

▲車内は大人4人が十分にくつろげる空間が広がっている

バンコンバージョン

1BOXカーなどをベースにしたキャンピングカーです。乗用車に近い形なので旅先での移動も楽というメリットがあります。キッチン設備まで備えた本格的なものから、就寝に特化した簡易モデルもあり、使い方に合わせた仕様を選ぶことができます。

▲トヨタ ハイエースをベースにした車両。外観はパッと見普通のハイエースに見えるが…

▲トヨタ ハイエースをベースにした車両。外観はパッと見普通のハイエースに見えるが…

▲キッチン設備を備えたモデル。高級感もありワンランク上の旅が楽しめそうだ

▲キッチン設備を備えたモデル。高級感もありワンランク上の旅が楽しめそうだ

軽キャンパー

軽トラックや軽1BOXをベースにしたキャンピングカーです。リーズナブルな車両価格で維持費も安いのですが、居住空間はコンパクトなため1~2人旅に向いています。キャンピングカーのエントリーモデルとして選ばれる方も多いようです。

▲こちらはなんと軽トラックをベースにしたモデル。ダイハツ ハイゼットトラックがベースになっており、荷台にキャンピングシェルが載せられている
1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会