ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

24時間いつでも ウェアラブル・ドラゴンバスター!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

昨晩、ビックカメラ有楽町店のおもちゃコーナーの在庫処分ワゴンの中に「Let’s TV プレイ Classic」の「NAMCONOSTALGIA2」を発見してしまいました。処分品ということでもう箱もだいぶボロボロになっていましたが、ナムコ往年の名作ドラゴンバスターやギャプラスが遊べるという、三十路男感涙のおもちゃです。それがなんと980円(ポイント10%)とのことだったので思わず買って帰りました。

この「Let’s TVプレイ Classic」、コントローラサイズにすべてのハードウェアがつまっていて、電源と映像出力先だけあればゲームが動作します。ふむふむ。そしてコントローラ型の本体を見ていると、いろいろと妄想がふくらみます。ああ、いつでもどこでもドラゴンバスターが遊べたら…。この大きさなら常に握っていられるのに……。

うーん、そんなわけで、ちょっとやってみましょうか、「ウェアラブル・ドラゴンバスター」!

これが当のゲーム機本体です。本当にこのコントローラサイズにすべてのハードウェアが詰まっています。ただ、本来は専用のACアダプタとAVケーブルを接続して遊ぶようです。(専用ケーブルはすでに在庫切れで買えませんでした)

いつでもどこでもドラゴンバスター、を実現するためには、まずは電源が必要です。Webを検索などしてみても、ACアダプタの仕様などは全くわかりません。なんとなく基板を眺めてみたり、手持ちのACアダプタを適当に繋いでみたりしたところ5~6Vくらいを入れてあげればいいような気がしたので、それくらいの電源を用意してあげることにしてみます。(マネしないでネ!)

電池ボックスを用意して、刺さりそうなコネクタも準備。さっそく電池ボックスを作ります。

できました! ひとまず本体の裏側に両面テープでくっつけただけですが、電池ごと持った感覚はそれほど悪くありません。残るは映像出力ですが、こちらは「UP300x」の「オーディオビデオケーブル(JISタイプ) EG-UP1」がぴったりでした。いわゆるJIS系のAV出力端子と同じだったようです。というわけで……。

無事、「ウェアラブル・ドラゴンバスター」環境の完成! これでいつでもどこでもドラゴンバスターが楽しめます! 常に身につけるドラゴンバスター! 24時間ドラゴンバスターと一緒!

早速マクドナルドでダブル・クォーターパウンダー・with チーズ食べながら楽しみました。

ごちそうさまでした。
 
 
■関連リンク
Let’s TVプレイCLASSIC オフィシャルページ
ニコン MEDIA PORT UP 商品紹介ページ
ウェアラブルコンピュータ – Wikipedia7

MIROの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://mobilehackerz.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。