体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

浪川大輔「女性に媚びてないところが良いでしょ?」映画『LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門』インタビュー

LPG_02_064

アニメ『ルパン三世』のハードボイルドなスピンオフシリーズ“Lupin the Thirdシリーズ”第3弾となる映画『LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門』が2月4日に劇場公開。

逕サ蜒・譛ャ繝帙z繧ケ繧ソ繝シFINAL

TVアニメ『LUPIN the Third -峰不二子という女-』、映画『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』に続き、ついに今回は五エ門がメイン! 小池健監督をはじめ、前作のスタッフが集結し、かなりハードな作品が完成。こんなに血しぶきが飛ぶルパンシリーズ見たことない! だって冒頭から棍棒で頭を殴り潰すシーンとかありますからね! PG12指定です。

逕サ蜒・LPG_18_088

今作は、五エ門の若かりし頃、まだルパン一味に完全に加わる前(でもルパンたちとは顔見知り)の物語。天才的な剣の腕を持つ五エ門の挫折と、“最強の剣士”へと生まれ変わる瞬間を描きます。

_55A2668

2011年より石川五エ門を演じている声優・浪川大輔さんにインタビュー。演じるにあたりこだわった部分や見どころ、さらに劇場へ足を運ぶ人へ冬の寒さ対策についても聞いてきました!

今回は五エ門にしては現実的な話

――今までの『ルパン三世』シリーズと、“Lupin the Thirdシリーズ”ともまた少し違って、とてもバイオレンスなシーンが多くて驚きました。台本をもらったときの印象を教えてください。

浪川:台本の段階では、もちろん画はない状態なので、僕の中で五エ門の“若かりし頃”というのがすごく引っかかっていたんです。性格の違いはあるのか、どんなきっかけがあったのかなど。ただ、台本の文字だけで台詞を見ても、やっぱり五エ門なんですよね。読んでみて、五エ門は若かい頃から意外と五エ門なんだな、という印象がありました。台本上では、若いからといって喋り方が変わっているわけでもないですし、そんなに違和感はなかったです。

けれど、どんどん話が進むにつれて、やっぱり若いんだなとも感じられて……、フィルムを見ながらお芝居をしてみて初めて気付くことも多くありました。

やっぱり斬って斬って斬りまくっているところが今までになく、それでいてけっこうリアルなお話だな、と感じました。

逕サ蜒・LPG_18_071_1122

――映像になると、序盤から登場するキャラクターが棍棒のようなもので頭を殴っているシーンなども出てきますが、映像を見て声を入れた感想は?

浪川:わからないものがわかりやすくなりました。精神的なものや、どうやって最終的な境地にたどり着くかも今回ひとつのポイントだと思うんですが、そこがやはり文字だけでは伝わりにくい。

五エ門は本当に指先まで神経を尖らせて一瞬を勝負にしている。文字だけだと自分のペースで読めてしまうんですが、ずーっと溜めてからパパッと切り替わっていくなどの演出は監督の手腕だったり、クリエイターのみなさんの技が光るところで。そこに合わせていく内に、「なるほど、こんなに一瞬一瞬を大切にしているんだ」とわかった部分もありました。

1 2 3 4次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy