体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

EGOIST 映画『虐殺器官』主題歌のSPムービー公開! 制作は『ハーモニー』の監督

EGOIST 映画『虐殺器官』主題歌のSPムービー公開! 制作は『ハーモニー』の監督

 夭折の作家、伊藤計劃氏の小説をノイタミナが映画化する【Project Itoh】。2017年2月3日に公開となる映画『虐殺器官』の主題歌であるEGOIST「リローデッド」のスペシャルムービーが、2月10日の期間限定で公開された(https://youtu.be/Wcp49iG0qQ8)。

映画『虐殺器官』ポスター

 EGOISTは同プロジェクトの3作品『虐殺器官』『屍者の帝国』『ハーモニー』すべての主題歌を務めている。今回、公開されたスペシャルムービーは、『ハーモニー』のマイケル・アリアス監督が特別に制作。マイケル・アリアス監督からはコメントも届いている。

◎マイケル・アリアス監督-コメント
EGOISTの音楽は、人工的で抽象的な音源から構成されているから、「リローデッド」のスペシャルムービーを作るにあたっても人工的で抽象的な映像をベースにした。それに、本編の映像をそのまま使うような、映画音楽のPVのようなありがちな形ではなく、『虐殺器官』を、なんとなく呼び起こすことのできるスペシャルムービーが作れたら良いと思った。
もう一つの目標は、『虐殺器官』の世界感と『ハーモニー』の世界感を結びつけ、その共通バックストーリーを少し味わせる事だった。ストック映像、アナログ風ディストーション、ミリタリーっぽいイメージなどは、『虐殺器官』のテーマのヒントになってほしい。一方で、インフォグラフィック的な映像やプロシージャル生成(アルゴリズムによる自動作成)の映像は、『ハーモニー』の世界へのリンクになれば良いと思う(実は、この中で『ハーモニー』用に開発したテクニックを使用している)。
マイケル・アリアス 2017年1月 東京にて

◎公開情報
映画『虐殺器官』
2017年2月3日(金)公開
原作:『虐殺器官』伊藤計劃(ハヤカワ文庫JA)
監督:村瀬修功
キャラクター原案:redjuice
アニメーション制作:ジェノスタジオ
(C)Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN 

関連記事リンク(外部サイト)

ソニーミュージックが新レーベルを発足、Kalafina/花澤香菜/LiSA/EGOISTら14組を海外へ
EGOIST、ラップに初挑戦した新曲「Welcome to the *fam」配信スタート
ryo(supercell)プロデュースのEGOIST 新曲「Welcome to the *fam」起用のPS Musicムービー公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。