体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NTTドコモ、「カケホーダイライトプラン」の対象に「データSパック」を追加、60歳以上の方を対象にした新キャンペーン「シニア特割」も開始

NTT ドコモは 1 月 27 日、通話定額サービス「カケホーダイライトプラン」の対象データプランを拡大したほか、60 歳以上の方を対象にした新キャンペーン「シニア特割」を開始すると発表しました。「カケホーダイライトプラン」の対象拡大については、これまで対象外だった「データ S パック」(上限 2GB)が対象に追加され、全てのパケットパック・シェアパックで「カケホーダイライトプラン」に加入できるようになります。申込受付開始日は 1 月 30 日で、今回の対象拡大によって、通話定額付きのドコモスマートフォンをより安く運用できることになります。なお、3 月 31 日で「らくらくパック」への新規受付が終了します。「シニア特割」は 60 歳以上の FOMA ユーザーを対象にした Xi 乗換促進キャンペーンで、FOMA 端末から Xi 端末への乗換と同時に、カケホーダイとパケットパック / シェアパックに加入すると、2 年間 1,520 円を使用料から割引します。シェアパック子回線の場合は月額 980 円 ~ の料金で利用できることになります。こちらも 1 月 30 日から申込受付開始です。Source : NTT ドコモ(データ S パック)(シニア特割

■関連記事
Google純正のTangoスマートフォン用アプリ「Measure」では空間の距離を計測できる
プラスワン、「Priori 4」の販売を開始
ハコスコ、VR動画の売買サービス「ハコスコフリマ」を開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。