体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『iPhone』詳しい芸人・かじがや卓哉さんインタビュー 最新の必見使いこなし術も伝授

kajigaya_1

『iPhone』詳しい芸人として話題を集めているお笑い芸人・かじがや卓哉さん。

日本上陸時から『iPhone』を使い始め、知識量の豊富さから年間1000件以上の悩み相談に対応。その経験を活かし、昨年『アメトーーク!』の「『iPhone』使いこなせてない芸人」に講師役で出演してブレイク。その後、書籍『iPhone芸人 かじがや卓哉がズバリ教える iPhone初心者 今日から役立つ 100のネタ』(秀和システム)を発売するまでに至りました。

どうしてそんなに『iPhone』に詳しいの? 普段はどんな活動をしているの? 書籍に収録しきれなかったとっておきのネタと共に、『iPhone』へのこだわりを聞いてみました。

『iPhone』詳しい芸人に至るまで

――今や『iPhone』と言えばかじがやさんですが、普段はピン芸人としてご活躍されているんですよね?

かじがや:普段は渋谷のヨシモト∞ホール(無限大ホール)で定期的にネタをやらせてもらってます。最近は『iPhone』に関係するネタを披露していますけど、税理士の資格を持っていることもあって、以前は税金をテーマにしたネタを作ってました。桃太郎が鬼退治をして財宝を手に入れたけど、「3人一緒に一生幸せに暮らせる」だけの財宝だとしたら税金がかかりますよね、みたいな。

――税理士の資格を持ちながら、なぜ芸人を志したのですか?

かじがや:高校を卒業した頃に税理士を目指し始めて、ずっと勉強を続けて、25歳の時に税理士の試験に合格しました。当時は5万人が受験して25歳以下の合格者が50人くらいでした。何年も必死に勉強しているうちに、友達がまったくいなくなって、毎日がつまらなく感じちゃったんです。合格を報告する友達がいないじゃんって。それでNSCに入ることを決めました。

――『iPhone』やApple製品との出会いはいつ頃ですか?

かじがや:1998年に発表されたスケルトンの『iMac』を見た時にオシャレな会社だなと思って、実際に製品を購入したのは『iPod nano』が最初です。MDを使っていた生活スタイルが一変して夢中になりました。『iPod』と携帯電話がひとつになると聞いて、日本上陸の時から『iPhone』は歴代の機種を使っています。

――Apple製品はトータルでどのくらい所持していますか?

かじがや:『iMac』、『MacBook』、『Mac mini‎』、『iPad』、『iPad mini』、『Apple TV』、『AirMac Time Capsule』、『AirPods‎』……、古い『iPhone』や『iPod』を加えるとトータルで20製品くらいはありますね。今の仕事につながるとは思ってなくて、初代の『iPhone』を売ってしまったのが大きな後悔です(笑)。

――最近では『Twitter』でもたくさん質問が寄せられていますよね。大変じゃないですか?

かじがや:昔は全員の質問が解決するまで回答してましたが、昨年11月20日の『アメトーーク!』出演回が放送されてから、その日だけで300件くらいの質問が飛んできました。特定の人だけに返信したら不公平になるし、収拾がつかなくなりそうなので一時的にストップしてましたけど、今はまた再開しています。でも、最近は僕に来た質問を横から答える人たちも現れ始めて、猛者たちが僕の『Twitter』をコミュニティに活用している状態です(笑)。

『iPhone』のこだわり

kajigaya_2
1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。