体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『柳屋 ヘアトニック<柑橘>』昭和の高度成長を実現した男たちが愛したロングセラー品質そのままに、柑橘系で世代性別問わずに使いやすいと評判の薬用育毛製品!

昭和・ニッポンの高度成長を支えた精力的な企業戦士たち。エコノミック・アニマルと呼ばれながら、今日の日本を築いた彼らが愛してやまなかった薬用育毛トニックこそが『柳屋 ヘアトニック』。その本物ならではの品質と血統を受け継ぎつつ、爽やかな香りだちを特徴として2015年に登場した『柳屋 ヘアトニック<柑橘>』が今、世代や性別を超えて好評を呼んでいる。

3種類の薬効成分と植物生薬成分が実感を加速する60年品質。爽やかな香りと頭皮の柔軟性を実現する柑橘エキスを加えてさらにパワーアップ!


1615年(元和元年)創業の柳屋本店。徳川家康に仕えた漢方医・呂一官が大奥に製品を納めていたところから、という老舗中の老舗。そうして生まれた柳屋本店が、センブリや延命草などの植物生薬成分を含み、3種類の薬効成分で頭皮・頭髪を健やかに保てる薬用育毛トニックを発売したのは、今を遡ること60年前。


印象的なグリーンカラーの『柳屋 ヘアトニック』は前述の企業戦士たちや、商店主や職人が通う理髪店でも使われて、まさに大人の男が使うべき本物の頭皮ケア製品として昭和を代表する製品の一つとなった。その香りを嗅げば、現在は立派に大人になった自分が憧れた幼い頃の大人のイメージが蘇ってくる人も多いのではないだろうか。

そんな流行に左右されない哲学さえ感じさせる本格品質を受け継ぎつつも、男女問わずに使いやすい香りをまとったのが、株式会社柳屋本店(東京都中央区)の『柳屋 ヘアトニック<柑橘>』(240ml・希望小売価格 税抜850円・発売中)。

2015年にお目見えした、シリーズとしては最新となるオレンジのパッケージが印象的な製品だ。

薬用育毛トニックとして信頼のロングセラーである『柳屋 ヘアトニック』の基本性能・育毛、養毛、発毛促進、ふけ、かゆみ、薄毛、脱毛の予防は同じ。頭皮にふりかけることによって抜群の爽快感を感じられるのも同じ。

変化したのは、硬く突っ張った頭皮にうるおいを与え、健やかな髪が生えるための頭皮環境を整える天然柑橘エキスを配合したこと。それに伴い、爽やかさ満点のシトラスの香りになったこと。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。