体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

PostPetのVRアプリ「PostPet VR」「PostPet VR Lite」のクラウドファンディングがスタート、スマートフォン版PostPetがリリースされる可能性も

PetWorks は、So-net より提供されていた可愛いペットキャラクターのメールソフト「PostPet(ポストペット)」の VR タイトル「PostPet VR」と「PostPet VR Lite」の開発を発表し、CampFire でクラウドファンディングを開始しました。PetWorks は PostPet の発売初期から製品の企画と開発を担当してきたスタッフたちで設立された企業で、2017 年に PostPet が 20 周年を迎えることを記念し、PostPet の生みの親が VR アプリの開発に着手したということです。PostPet はペットのキャラクターたちがメールを配達するといった様々なアクションが印象的なメールソフトで、特にピンクのテディベア「モモ」の存在感は今でも強く、ファンも多いことだと思います。クラウドファンディングで開発される「PostPet VR」は HTC Vive と Oculus Rift 向けのソフトで、VR 空間の中で PostPet たちと触れ合う体験が可能となっています。「PostPet VR Lite」はスマートフォン版となっており、オリジナルデザインのハコスコも開発されています。PetWorks は PostPet VR / VR Lite のほか、Android / iOS 向けに「スマートフォン版 PostPet」の開発も検討しています。これは、PostPet VR のクラウドファンディングで目標以上の資金が集まった場合にその可否を判断するというもので、まだリリースは決定していません。まずは PostPet VR のクラウドファンディングが成功する必要があります。Source : Camp Fire

■関連記事
Android版「ポケモンGo」がv0.53.2にアップデート
楽天生命、スマートフォンアプリを利用した女性向けヘルスケアサービスを2月より提供
ワコム、デジタル文具の新モデルとしてA5サイズの「Bamboo Folio small」を追加(発売日決定)

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。