体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フォトショップにSiri機能⁉︎音声で写真編集する動画をAdobeが公開

Adobe2デザインやDTP関連のソフトウェアを手がけるAdobe。中でも画像処理ソフトのPhotoshopなどは使ったことのある読者も多いだろう。

その画像編集、近い将来「トリミングしたい」「反転させたい」などと音声で操作できるようになるかもしれない。Adobe はこのほど、AppleのSiriのようなアシスタント機能で写真を編集するデモ動画を公開した。

・マイクのアイコンをタップして起動

わずか30秒の動画の中で、音声アシスタントを使いながら写真を編集してソーシャルメディアへ投稿する様子が紹介されている。

Adobeビデオではまず男性がiPadで写真を選び、スクリーン右上のバーにあるマイクのアイコンをタップ。すると、「How can I help you?」と聞かれる。

男性は英語で「この写真をスクエアにリフレームしたい」とリクエスト。それを受けアシスタントが1:1比にして表示する。

・SNSへの投稿も

次に、男性は「写真を左右に反転させて」と依頼する。こちらもただちに実行され、結果を見て男性が「気に入らない。元に戻して」と言うと、アシスタントは「Undo」と答えて元に戻す。

Adobe3そして最後に、男性が「Facebookに投稿を」とリクエストすると、その通りに実行される。

つまり、一連の操作で男性が自身の手を使ったのは、写真の選択とアシスタント機能の起動だけ。編集そのものはすべて音声で操作している。

Adobeはこの音声アシスタント機能について、今後の製品に実装するかどうかは明言していない。しかしこうした動画を公開しているからには、開発・実用化に道筋が立っていると考えてもよさそうだ。

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。