体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

笑えて泣ける…チャップリンの孫が芸人演じる新作映画

笑えて泣ける…チャップリンの孫が芸人演じる新作映画
J-WAVEで放送中の番組「ALL GOOD FRIDAY」のワンコーナー、「CINEMA CIRCLE」(ナビゲーター:大倉眞一郎)。1月20日(金)のオンエアでは、「フランスが舞台の映画」をテーマにお送りしました。

同番組と連動したネット上の映画部「J-me CINEMA CIRCLE」の会員リスナーからは、以下のようなオススメ映画が挙がりました。

・8人の女たち
・プライベート・ライアン
・パリよ、永遠に
・ポンヌフの恋人
・アメリ

そして大倉が選んだ、フランスが舞台の映画は「ショコラ 〜君がいて、僕がいる〜」です。

【ストーリー】
かつて一世を風靡した白人芸人・フティットは、落ちぶれて誰からも相手にされない。ある日、黒人のラファエルに出会い、再起をかけてコンビを結成。すると当時、前代未聞だった“白人&黒人”コンビは大人気に。ところが…。

映画を見た大倉は以下のように語ります。

「この映画に込められている友情や、それを超える笑いや涙もあります。いろんなものが混ざっているんですが、複雑な感情が交差します。『単純にココ笑っていいの?』と考えこんじゃうところもあるんですね。舞台は20世紀初頭ですが、時代背景を考えながら、当時はこんな笑いがあったということを、今見て、考えてほしいと思います」(大倉)

タイトルの「ショコラ」は、ラフェルの肌の色にちなんで付けられた愛称。彼を「最強のふたり」のオマール・シーが演じ、相方のフティットは、なんとチャーリー・チャップリンの実の孫、ジェームス・ティエレが演じています!

映画「ショコラ 〜君がいて、僕がいる〜」は、1月21日(土)から公開中です♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「CINEMA CIRCLE」
放送日時:毎週金曜 14時10分−14時20分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goodfriday/cinema/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。