体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

温度調節も可能!アプリからも操作できる電気ケトル「Stagg EKG」が便利そう

a001Kickstarterで資金調達を達成したStagg EKGは、温度調節や保温ができる電気ケトル。

他の電気ケトルとは一線を介すスタイリッシュなデザインに加え、温度調節、保温機能、アプリからの遠隔操作機能など、多くの機能を備えていることでも話題を集めている。

・あると意外と使える便利な温度調節機能

Stagg EKGは、60℃から100℃までの温度設定が可能なケトル。液晶ディスプレイには設定温度とリアルタイムの温度が表示される仕組み。

コーヒーや紅茶、日本茶など本来は温度にこだわるとより美味しく作ることができるため、飲み物にこだわりがある人にとっては”使える”便利な機能ではないだろうか。また、小さな子どもや赤ちゃんがいる人にとってもありがたい機能だ。

30分間の保温機能も搭載されており、温めたお湯をキープしておくこともできるのでいろいろなシーンでも使えそうだ。

・アプリと連動!遠隔操作も可能

a002さらに、アップグレード版の「Stagg EKG+」ならアプリとBluetoothで接続することにより、電源を入れたり、消したりの操作や、温度調節の遠隔操作も可能に。

アプリにはいろいろなレシピが掲載されており、見ているだけでも楽しめる。

残念ながら現在はまだ日本への発送は対応していないとのこと。今後の対応に期待したいところだ。

Stagg EKG

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。