体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、マルウェアに感染したAndroidアプリを発見する方法を紹介

Google が、マルウェアに感染してしまった Android アプリを Google Play ストアで検出し駆除するために実施している一つの手法を Android Developer Blog で紹介しています。Google Play ストアには日々様々なアプリがアップロードされており、Google はストア上をスキャンするなどしてこれらのアプリの中でマルウェアに感染したアプリを検出していますが、中には Google のスキャンを掻い潜ってエンドユーザーに配信されてしまうアプリもあります。こうした悪意のあるアプリの配信に対して、Google は Android の標準機能である「アプリの検証」を活用しています。アプリの検証は、Google Play ストア以外で配布されている、いわゆる野良アプリがウィルス等に感染していないか、手動でアプリをインストール前とインストール後にチェックする機能です。Google では、このアプリの検証機能を使用しなくなったデバイスに「Dead or Insecure」(DOI)というフラグを立てて、DOI デバイスによるアプリダウンロードの急激な増加、DOI 化される傾向をウォッチすることで、該当のアプリに対してさらなる検証が必要かどうかを判断します。こうした仕組みを用いることで、Google はこれまでに Hummingbad、や Ghost Push、Gooligan などのマルウェアに感染した 25,000 種類ものアプリを駆除することができました。Source : Google

■関連記事
ASUS、ZenFone 3のAndroid 7.0 Nougatアップデートを一旦停止
Sony MobileはXperia向けに新たな節電機能を開発中?
Google Pixel、米国では現在でも販売好調

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。