体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

部長に出世するも「白旗宣言」。自ら志願して“平社員”に戻る…――楽天“自由すぎるサラリーマン”仲山進也さんの「奇跡のキャリアプラン」

日本最大級のネットショッピングモール「楽天市場」を運営している楽天株式会社に「自由すぎるサラリーマン」と呼ばれている社員がいるのをご存知だろうか。

楽天の正社員でありながら、出社の義務がない勤怠フリーかつ、楽天以外に仕事をしてもいい兼業フリーで、実際に「仲山考材」というご自分の会社も経営し、さらには横浜Fマリノスとプロ契約をしている。そんな規格外の働き方を実現しているのが仲山進也さん(43歳)だ。

仲山さんはどのようにして「自由すぎるサラリーマン」になったのか。前回は、仲山さんが1社目に入社した「大企業」でのモヤモヤ経験から、2社目の「ベンチャー企業」エム・ディー・エム(現在の楽天株式会社)に転職するまでの経緯を紹介した。

今回は、楽天に転職してからの「自由すぎるサラリーマン」になるきっかけとなった“大きな転機”についてを中心に語ってもらいます。f:id:k_kushida:20170113180712j:plain

【プロフィール】

仲山進也(なかやま しんや)

1973年北海道旭川生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。シャープを経て、楽天へ。初代ECコンサルタントであり、楽天市場の最古参スタッフ。2000年に「楽天大学」を設立。楽天が20人から1万人の組織に成長するまでの経験をもとに人・チーム・企業の成長法則を体系化、社内外で「自走型人材・自走型組織」の成長を支援している。2004年、Jリーグ「ヴィッセル神戸」の経営に参画。2007年に楽天で唯一のフェロー風正社員(兼業フリー・勤怠フリーの正社員)となり、2008年には仲山考材を設立、オンライン私塾やEコマース実践コミュニティ「次世代ECアイデアジャングル」を主宰している。2016年からJリーグ「横浜Fマリノス」でプロ契約スタッフ。著書に『あの会社はなぜ「違い」を生み出し続けられるのか 13のコラボ事例に学ぶ「共創価値のつくり方」』『あのお店はなぜ消耗戦を抜け出せたのか ネット時代の老舗に学ぶ「戦わないマーケティング」』(ともに宣伝会議)、『今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則 『ジャイアントキリング』の流儀』(講談社)など。

Facebook

【2社目】楽天で念願の「ありがとう」をゲット

──仲山さんが楽天に転職したのが1999年6月ということですが、実際に入ってみての印象は?

出社初日に先輩から「今日は初日だから早く帰っていいよ」と言われたのが、前職に比べるとだいぶ遅い時間でした(笑)。月曜から勤務し始めて、金曜が終わる頃には新しい環境での慣れない仕事にヘトヘトで、土曜に目が覚めたら10時半でした。土日は休みということになっていたのですが、やりたい仕事が山積みだったので11時くらいに会社に行ってみたら、ほぼ全員いたんです。休みなのに思わず「やばい、遅刻した」と思いました(笑)。翌日の日曜もほぼみんないました。それで「土日なのに全員いるなんて部活みたいで楽しい!」と思ったんです。それと、「みんな若くて、めちゃくちゃ働いている。仕事しないで時間つぶしてそうなオジサンが一人もいない!」というのが新鮮でした。

初日に、先輩から「仲山くん、家は祐天寺駅のどっち側にしたの? 線路より手前側? 向こう側?」と聞かれました。みんな電車で通勤するという概念がなく、祐天寺の会社のそばに住んでいたから、そういう2択だったのです(笑)。そもそも、部屋を借りようと思っても、よくわからないネットベンチャー勤務だと管理会社の審査に通らないことが多く、「祐天寺の駅前の◯◯不動産なら、社員が何人も借りてるから大丈夫だよ」と言われて、なんとか物件を決められたのでした。そんな時代です(笑)。

──入社後、具体的にはどのような業務をしていたのですか?

当初は、新規の出店営業から出店後の店舗運営までを支援するECコンサルタントという業務をやっていました。当時は楽天の認知度が徐々に上がって、出店数が数百店舗から2倍、3倍と急激に増加していた頃だったので、やらなきゃいけないことが多すぎて毎日目が回るような忙しさでした。大変なことがいろいろあったような気がしますが、「どうやったら売れると思う?」という店長さんと「こんなのはどうでしょう?」などと電話で話したりメールしたりするうちに、「仲山くん、この前のアイデア、やってみたら手応えあったよ。ありがとう!」と言ってもらえるようになりました。念願の「ありがとうと言われる仕事」が実現して、「これは楽しい!」と、どんどん仕事にのめり込んでいきました。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。