体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

歌って踊ってバトルする! 三池崇史総監督・女の子向け特撮シリーズ『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』

8 (2)

4月よりテレビ東京系列にて、女の子向け特撮テレビシリーズ『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』(原作:タカラトミー、OLM)の放送が決定! 1月17日に記者会見が行われました。

※すべての画像が表示されない場合はOtajoからご覧ください
http://otajo.jp/66246[リンク]

アラサー世代だと、幼少期に『魔法少女ちゅうかなぱいぱい!』に始まり(いぱねまは島崎和歌子さんだった!)、『美少女仮面ポワトリン』、『千年王国III銃士ヴァニーナイツ』、『仮面天使ロゼッタ』、『不思議少女ナイルなトトメス』、『うたう!大龍宮城』、『有言実行三姉妹シュシュトリアン』等など、女の子向けの特撮美少女シリーズがありましたよね~。最近女の子向けの特撮作品ってないなぁ、と思っていたのですが、2017年に新たなプロジェクトが始動です!

『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』は、“アイドル×戦士”をテーマに「アイドルが得意なダンスや歌の力で悪を倒し、世界の平和を守るライブ型NEW特撮ヒロインストーリー」を最新のVFXを駆使して描きます。

9 (2)

監督及び総監督を務めるのは、なんと三池崇史監督! そしてアイドル×戦士に欠かせない歌とダンスの監修はLDHが運営しているダンス&ボーカルスクール・expgが担当し、プロジェクトの力の入り方が伺えます。

そして今作の主演は、小学館の『ちゃお』、『ぷっちぐみ』で募集をかけオーディションで選ばれたシンデレラガール、内田亜紗香さん、足立涼夏さん、小田柚葉さんの3人。

6 (2)

3人と力を合わせて活躍するかわいい妖精「リズムズ」も登場。

7 (2)

少し強面の三池監督の印象を3人に聞くと「オーデイションの時、目つきが怖かった」と全員意見が一致。それに対し「一生懸命やってたんだよ!」と返す三池監督。すると、内田さんが「本当に撮影の初日からすごく優しく振る舞ってくれて、見た目によらず……」と三池監督をフォローすると会場は笑いに包まれました。

三池監督が語る、今作へのこだわりや見どころ

2

三池:最初から特別な子たちではなくて、オーディションから始めて、この企画が生まれなかったらまだ普通の小学生、中学生だった子たち。すごくキラキラしているんだけど、いわゆる最初から作られたアイドルではなくて、アイドルとして生まれていくところを楽しんで欲しい。近所のお姉さんたちが頑張っているような、見ている子どもたちにとって境界線がない作品になればいいな、と思っています。

カメラワークやCG、歌、ダンスのセンスなど、子どもに媚びて作っているわけではなくて、専門家たちが「今の子どもに届けたい」と思って作っているので、見どころや聴きどころが満載だと思います。

3 12
1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。