体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ディズニーアニメ最新作『モアナと伝説の海』、ヒロインの座を射止めたのは沖縄出身の大学4年生

ディズニーアニメ最新作『モアナと伝説の海』、ヒロインの座を射止めたのは沖縄出身の大学4年生

 ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』の日本版ヒロイン役が、沖縄県出身の大学4年生である屋比久知奈(やびくともな)に決定した。

 日本版モアナ役は、ディズニーヒロイン史上最大級の規模で実施されたオーディションで決定。屋比久は、沖縄県出身の大学4年生で、昨年5 月に帝国劇場で開催された【ミュージカルのど自慢】で最優秀賞を受賞し、本作でデビューする。ディズニーのヒロインと言えば、ラプンツェルを中川翔子、『アナ雪』のアナを神田沙也加、エルサを松たか子など、様々な女優たちが務めており、全くの新人がヒロインを務めるのは異例の大抜擢だ。ディズニー担当者は、「“モアナ”はただヒロインというだけでなく、冒険を通して成長し、体現する演技力、16 歳のフレッシュさ、さらに心情を伝えられる歌唱力も必要という非常に難しい役です。ディズニーヒロイン史上最高規模のオーディションとなったモアナ探しですが、日本のモアナと呼べる人こそ“屋比久知奈”さんでした」と起用理由を語っている。屋比久はモアナ役が決まった時のことを振り返り「本当に夢みたいで信じられなかったです。朝起きて、夢なんじゃないかって何度も思いました」と謙虚に喜びを語った。

 モアナ役は、ハワイのアウラニ・ディズニー・リゾートにて発表され、屋比久とアウリィの“日米ヒロイン”が、ハワイで対面を果たした。日米のヒロインが対面することは、ディズニー史上初めてであり、極めて異例のこと。物語の重要なカギを握る美しい海を背に登場した2人のヒロイン声優は、会うとすぐに意気投合した。すでに全米で公開され、モアナと同じく世界に一歩踏み出したアウリィは、これから大海原へ飛び出していく屋比久との共通点を「彼女はとても素晴らしいわ。私も南の島で育ち、本作が映画デビュー作。そういう意味で私たちは同じなんです」と話した。さらに、屋比久の歌声を聴いたアウリィは私たちの歌声は似ていると語り、「モアナの歌は心に響く歌ばかりですが、彼女の歌声からそういうパワーを感じることができました」と透き通る歌声を大絶賛していた。屋比久も共通点の多いアウリィに会い、「友達というより家族のような存在に近いと感じました」と、モアナを演じた同士、初対面ながら一体感を感じていた。屋比久はモアナについて「モアナは新しい世界に踏み出し、悩みながら一歩一歩強く進んでいきます。誰もが経験することなので、たくさんの方々に共感して頂けると思います」と日本のファンに向けてメッセージを寄せ、誰もが共感できる作品だとその魅力を伝えた。『モアナと伝説の海』は3月10日より公開。

◎公開情報
『モアナと伝説の海』
2017年3月10日(金) 全国ロードショー
ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C) 2016 Disney. All Rights Reserved.

関連記事リンク(外部サイト)

ディズニー映画最新作『モアナと伝説の海』日本版声優が発表
ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』特報解禁
意外と簡単!? 『ローグ・ワン』監督直伝、『スター・ウォーズ』の世界観を作る3つのポイントとは?

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。