体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【えひめ最新レポ】酒好き向け! 日本酒仕込み体験ができる「千代の亀酒造」

千代の亀_酒づくり
愛媛には、ご当地ならではの食材を生かした銘酒が豊富に揃う。西日本最高峰の石鎚山を筆頭とした東西に連なる四国山地には、冬は雪が積もって山里に寒風が吹き、酒造りに適した気象条件になるからだという。また、四国山地から豊富な伏流水が湧き出て、その水で醸した酒にファンも多い。43もの酒蔵数も四国一。
その愛媛で、珍しい「日本酒仕込み」体験ができる場所がある。江戸時代から300年の老舗、愛媛県中部の内子町にある「千代の亀酒造」だ。「銀河鉄道」「しずく酒」などの代表銘柄で知られる。
千代の亀酒造では、「お酒を知りたい人はぜひ体験しに来てください」との思いから、酒造り体験の受け入れを行っている。2017年3月上旬までの期間限定で、参加費無料。最大4名まで。日程によって作業工程は異なるものの、釜から出したお米を冷ます作業などを、職人とともに体験できるのは貴重といえる。
また、千代の酒造では、スイスのジュネーブやフランスのパリなど海外への普及にも力を入れている。これも「日本酒を海外でも飲んで欲しい」という担当者の想いがあり、現地の小売店での取引をすでにスタート。海外向けに販売しているのは、生酒「鼻白き猫の話」、愛媛の独自酵母EK-7を使った「純米大吟醸 蒼流」など7銘柄。芸術的なフルーツカットで知られるシェフ、Frederic Jaunault氏が自身のショーで提供したことで、海外からの問い合わせも増えているという。
愛媛の老舗酒蔵で、日本酒仕込みを体験。特に、日本酒好きにはきっとたまらない、今だけ限定の体験をぜひ。
千代の亀酒造http://www.chiyonokame.com/いよ観ネットhttp://www.iyokannet.jp/

【Nicheee!編集部のイチオシ】

【日本酒★新発見】クリスマス乾杯!イチゴのショートケーキに合う日本酒
日本初 日本酒と地ビールの工場見学スポットが京都・伏見にオープン
幻の高級魚「スマ」が大起水産で食べられる 話題のフィッシュガールも登場

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。