体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、Google+の写真表示に機械学習技術を導入してデータ量と転送時間を削減

Google が Google+ のストリームに表示される写真のデータサイズを大幅に削減しつつ従来よりも画質を良くするために機械学習技術を活用した新機能を導入したことを明らかにしました。Google は機械学習技術を活用した「RAISR」と呼ばれる機能を Google+ に導入しました。これは、Rapid and Accurate Image Super-Resolution の略で、画像を構成する要素を識別してそのデータベースを作成し、デバイス上では圧縮中に失われた詳細情報をデータベースから迅速に復元します。RAISR はデータと転送時間を削減するために導入されています。これにより、転送に必要な帯域幅をフル解像度版と比べて最大 75% も削減できるとされています。Google は Android ユーザーの一部グループのストリームに RAISR を適用した画像の表示をテストしており、今後数週間中に対象を拡大する予定です。週に 10 億枚以上もの画像に適用されているそうです。、Source : Google

■関連記事
Nokia 6のファームウェアでCyanogenMod 14のリソースが活用される
HTC U Ultra / Playに導入されたAIアシスタント機能「HTC Sense Companion」とは?
NTTドコモ、「Galaxy Tab S 8.4 SC-03G」のAndroid 6.0 Marshmallowアップデートを開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。