体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【正月太り解消】もう「ツナ缶」が手放せなくなってしまう理由【缶詰博士】

f:id:Meshi2_IB:20161222121706j:plain

筋トレマニアの必携アイテム【ツナ缶】は低糖質&高タンパク! 缶詰博士・黒川勇人さんのレシピで正月太りをおいしく解消

今年こそはするまい! と思っても90%ほどの確率でしてしまうのが正月太りですよね……。たるみきったお腹を引き締めるために、そろそろジム通いをスタートさせている人も多いのでは。

f:id:Meshi2_IB:20161222121653j:plain

そんな志の高い人におすすめしたいのが、1缶 100円程度から買えるお手軽食材・ツナ缶。

ツナマヨに使われたりと、お子様向けイメージの強い食材だが、実は筋トレマニアの間では常識のミラクルフードなのだ。

なぜならば、 高タンパク 低糖質 安い 加熱不要で食べられる

こんな食品の代表格だから!

ちなみに、1日のタンパク質摂取量は、成人男性の場合最低でも体重1kgあたり1gが目安と言われている。つまり60kgの男性なら、1日の食事で合計60gのタンパク質が必要ということだ。筋肉量アップを狙う人や運動量の多い人なら、必要量はざっと2倍ほどになる。

いくら筋トレやランニングに励んでも、筋肉の材料となるタンパク質が不足していると、必要な筋肉を保つことができない。基礎代謝が落ちて、リバウンドを招くことにもなりかねず、タンパク質の補給はダイエットをするうえで必須なのだ。そしてツナ缶は、たった1〜2缶食べるだけで、1食に必要なタンパク質をほぼ補うことができるお手軽食材なのである!

せっかくなので、おいしくツナを食べてダイエットすべし! ということで、日本缶詰・びん詰・レトルト食品協会公認の“缶詰博士”としてさまざまなメディア出演や執筆活動で活躍中の、黒川勇人さんに知恵をお借りし、秘伝レシピを教えていただくことにした。

f:id:Meshi2_IB:20161222121657j:plain

黒川博士は、これまでに世界50カ国・数千缶の缶詰を食している世界一の缶詰通。平成16年から『缶詰blog』を執筆し、著書に『安い! 早い! だけどとてつもなく旨い缶たん料理100』(講談社)、『缶詰博士が選ぶ!「レジェンド缶詰」究極の逸品36』、『日本全国「ローカル缶詰」驚きの逸品36』(共に講談社+α新書)等がある。

まず、ツナ缶の栄養面のメリットをお聞きしよう。

f:id:Meshi2_IB:20161222121658j:plainツナは、淡泊な味付けでどんな料理にも使えるうえ、栄養がバランス良く含まれています。良質のタンパク質、ビタミンB、EPA、DHAなど。タンパク質は細胞と免疫物質を作る役目を果たします。EPA、DHAは共に血流を促す作用があると言われ、DHAは脳まで直接届く数少ない成分です。すなわち、脳の働きを活性化すると言われています。
1 2 3 4 5 6 7次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。