体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

難解の国からきたアリス・文月悠光(ふづきゆみ)

適切な世界の適切ならざる私

「現代詩」というと、とんでもなくムズカシイものだという先入観がある。

詩だけではない。「現代アート」も「現代音楽」も、およそ「現代」と冠のつくジャンルは、よくワカラナイというのが相場だろう(“ゲンダイ”とカタカナになると話しは違ってくるが)。文月悠光は、そんな「難解の国」からやってきたアリスだ。

中学から高校にかけて投稿した詩をまとめた『適切な世界の適切ならざる私』(思潮社)で中原中也賞と丸山豊記念現代詩賞を“最年少”で受賞。多感――というより鋭敏すぎるほどの感性で見つめた10代の心象風景を、20歳になった本人が朗読するというショートムービーを撮らせてもらった。

「文月悠光 適切な世界の適切ならざる私」
(動画リンク)http://www.youtube.com/watch?v=jBTHkjRllkw


音楽PVを撮るような感覚で、ミュージシャン以外のアーティストを撮ってみたかった。

「PVを撮らせてくれませんか」

という申し出を快く受けてくれた女子大生の詩人は、約束の時間を少しだけ遅れて都内のカフェに現れた。予想外といっていいのか、かなりフェミニンな服装。勝手に“地味な文学少女かな”と予想していたのだが、ちょっと違っていた。

「男の子より、女の子のほうが好きなんです。キレイだから」

という文月自身が、現代詩人というよりも“キレイめな女子大生”そのものという印象だ。

しかし、その経歴はタダゴトではない。

(wikipediaから引用)
小学生から作家・詩人を志し、2006年より詩誌「現代詩手帖」「詩学」に詩を投稿。中学校在学中の2007年、第3回詩学最優秀新人賞受賞。高校2年の2008年に帷子耀と並ぶ最年少で現代詩手帖賞を受賞する。高校3年の2009年に第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』(思潮社)を出版し、中原中也賞および丸山豊記念現代詩賞を最年少受賞する。2011年現在は東京都内の大学に通いながら、雑誌・新聞に詩、エッセイ、書評などを発表。都内や出身地の札幌市で朗読会にも多く出演している。

 

これほど権威ある賞を次々に獲得している女子高生というのは、どんな感じだったんだろう。高校の国語教師はさぞやりにくかったんじゃないかと、勝手に同情してしまう。しかしやりにくかったのは文月自身もそうだったようで、高校1年生くらいまでは周囲との違和感が激しく、かなり悩んだそうだ。

「高校1年くらいまでは、学校にいくと“どうしてこんなところに自分はいるんだろう?”と思っていました」

詩を書くときの過敏な精神状態のまま登校すると、なにげないことでも耐えきれないほどの苦痛を感じたのだという。

第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』(思潮社)には、まさにそうした心象風景がぎっしりと描かれている。未完成だった自我が成長するにつれて、それまで保護者だと感じていた社会との間にズレを意識しはじめるのは、誰しも経験があることだろう。しかしその感覚を、時に鋭敏に時に冷静に処理し“言葉”としてまとめあげることは、誰にでもできることではない。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会