ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

有吉弘行が忘年会した「朝までやってる中華料理屋」が激ウマ! 何を食べても激ウマ(笑)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ariyoshi3

お笑い芸人の有吉弘行が、2016年の12月忘年会を開催した東京都の中華料理屋が激ウマなのでご紹介したい。その中華料理店は「南昌飯店」(東京都新宿区四谷3-13)で、早朝6時まで営業している非常に珍しい店だ。

・はエビチリや麻婆豆腐
有吉弘行は「南昌飯店」でラジオ番組が終わった後に忘年会を開催し、美味しい中華料理を堪能した。有吉弘行が注文したのはエビチリや麻婆豆腐などで、その味はさまに中国の家庭料理の味。高級中華料理店では味わえない「本当の味」が楽しめる。

ラジオ終わりで忘年会。
本拠地四谷三丁目で。。。 pic.twitter.com/bLuDTd5nrP

— 有吉弘行 (@ariyoshihiroiki) December 26, 2016

箸の使い方を1時間指導。。。 pic.twitter.com/TiNS8uslAa

— 有吉弘行 (@ariyoshihiroiki) December 26, 2016

・中華料理にバッチリのご飯
「普通の中国の家庭料理」を堪能したいなら、オススメは麻婆豆腐丼である。スパイスにとげとげしい辛さはなく、トロトロの豆腐に甘さと辛さがバランス良くきいている。

ズバ抜けた個性はないが、だからこそ家庭料理的であり美味しい。ご飯の仕上がりも素晴らしく、中国的に水分が少ない「中華料理にバッチリ」の炊き上がりとなっている。それゆえ、辛くて本格的な四川系麻婆豆腐が食べたい人には向いてないともいえる。

ariyoshi11 ariyoshi10 ariyoshi2 ariyoshi1 ariyoshi8 ariyoshi3

・中華スープに尾を引く美味しさ
また、麻婆豆腐丼を注文するとついてくる中華スープがお金を出して追加注文したくなるほど美味。トロットロのスープが旨味の広がる速度をゆっくりにし、尾を引く美味しさを実現している。

もしかすると、麻婆豆腐丼よりも中華スープのほうが主役なんじゃないかと思えるほど! とにかく美味しい中華料理店であった。

もっと詳しく読む: 有吉弘行が忘年会した「朝までやってる中華料理屋」が激ウマ(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/01/04/ariyoshi-hiroiki-bonenkai/

南昌飯店
住所: 東京都新宿区四谷3-13
時間: 11:00~06:00
休日: 無休(要確認)

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。