体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラーメンズがコント100本無料公開! 「日本語学校」「怪傑ギリジン」など

ラーメンズがコント100本無料公開! 「日本語学校」「怪傑ギリジン」など
ラーメンズ『椿』より「日本語学校アメリカン」
1月1日(日)、お笑いコンビのラーメンズが、過去に行った全17公演から映像化されている100本のコントをYouTube公式チャンネルにて公開した。

再生に応じて得られる広告収入は、日本赤十字社を通じ各地の災害復興に充てるという。

カルト的人気を誇るお笑いコンビ・ラーメンズ

ラーメンズは片桐仁さんと小林賢太郎さんによる2人組のお笑いコンビ。

シュールなお笑いで知られるのはもちろんだが、演劇性の強いショートストーリーなども演じ、不条理とも評されるコントも多数。ネット上では、「日本語学校イタリア編」をはじめとしたコントがFlashムービー化され、それをきっかけにカルト的人気を得た。

また、コンビとしての大きな活動は、2009年のツアー「TOWER」を最後に行われておらず、現在はそれぞれがソロで、舞台やテレビなどで活躍している。

ラーメンズ 名作コントが全作品公開!

そんなラーメンズのコントが一挙公開。

名作として語り継がれる「日本語学校」シリーズや、片桐仁さんの怪演が光る「怪傑ギリジン」など、人気コントが目白押しとなっている。

小林賢太郎さんは自身の公式サイトにて「時間はかかりましたが、やっと実現にこぎつけました。よかったら再生してくださいね」とコメント。

また「この計画を実現させるにあたって、たくさんの方々にご理解とご協力をいただきました。関係者のみなさま、本当にありがとうございました」とも綴っている。

先述の通り、コンビとしての活動はめっきり頻度を下げていたラーメンズ。過去作の公開と反響をきっかけに、新たな展開にも期待したい。

引用元

ラーメンズがコント100本無料公開! 「日本語学校」「怪傑ギリジン」など

関連記事

MCバトルをもっと楽しむ! DOTAMAとハハノシキュウが語るラッパーのリアル
avex率いるイーライセンス/JRCは第二のJASRACなるか? 音楽著作権を巡って
話題騒然『HiGH&LOW』の応援上映が衝撃すぎた 僕の不良魂が目覚めた話

KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。