ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

電子コミックを読んで外国語を学べるアプリ「LingoZING!」は言語切り替え、読み上げも可能!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

LingoZING1これまでに、外国語学習のさまざまな教材が発売されたり、言語の壁を取り除くためにテクノロジーを活用する試みがされている。

「もっと楽しく外国語学習ができたらいいのに」というニーズに応えてくれそうなのが、「LingoZING!」という言語学習アプリ。マンガを読んで外国語を学ぼうというコンセプトだ。

・英語、仏語など3言語に翻訳

現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募集していて、6つの電子コミックタイトルを英語、フランス語、ポルトガル語に翻訳しようと取り組んでいる。

LingoZING2将来的には、2017年2月を封切りに、25タイトルをローンチさせていきたい意向だ。

・スライダーを使って簡単に言語チェンジ

アプリを立ち上げると、マンガタイトルが羅列されていて、見た目やタイトル名から選んでもよいし、年齢、ジャンル、クリエイターから選ぶこともできる。

マンガの噴出しはタップできるようになっていて、声優が文字を読み上げてくれる。また、画面下部にあるスライダーを動かすと、あっという間に他言語に表示が切り替わる。

・自分の発音を録音できる

LingoZING3音声を繰り返し聞いて発音を学んだり、英語⇔フランス語と切り替えて、単語を覚えたり……なんてことが可能。自分の発音を録音して、SNSにシェアする機能もあるので、マンガを教材として、楽しみながら言語学習が進められそうだ。

「LingoZING!」は、2017年1月23日まで出資を受付中。

LingoZING!

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。