ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【絶対領域】そのビッチ、半分エイリアンで半分サイボーグ! カオスなSFホラー『シーボーグ』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『シーボーグ』メイン

『鉄男』を思わせるようなヘヴィーな鉄の半身に、ベリーショートヘアと大きな瞳をのぞかせ、ホットパンツにムチムチ太ももがまぶしい、ひと目見たら忘れないキャラクターが登場。彼女、エイリアンサイボーグでそしてビッチです。ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで2017年1月より開催の『未体験ゾーンの映画たち2017』にて上映となる『シーボーグ』をご紹介いたします。

地球から遠く離れたどこかの星。「お前は宇宙に死と破壊をもたらす疫病だ」と有罪判決を受けた厄介者“シーボーグ”が、星を逃れて地球に襲来。彼女は、口移しで人間に“何か”を寄生させ、人間たちを洗脳しようとしておりました。そんなシーボーグの存在にいち早く気付いたのはパンク大好きな少女たち3人組。怖いもの知らずのパンクスピリットで、「勝手にしやがれ!」……とは言わずに、地球のために立ち上がるのです――。

有罪判決を受けながら不敵に微笑み「カオスで満たしてやる」と言い放つシーボーグ。うまい具合にかぶった字幕の奥で存在感を放つ、重装備に反した無防備な絶対領域がなんともフェティッシュ。「セクシーなルックスで男たちを油断させ、次々と洗脳する」とのことで、誘惑して洗脳するエイリアンといえば『スピーシーズ』を思い起こすところですが、王道セクシー系とはまた違った引力をシーボーグちゃんは持っていそうであります。ちなみに名前のスペルはSEA(海)BORGではなくSHE(女)BORGのようです。

シーボーグの強烈な印象ばかり残ってしまいますが、予告編ではパンクス・ガールたちも思い切りのよいゴアな反撃を見せてくれており、彼女たちのキャラクターも気になるところ。しかし予告編で真正面からパコーンと車に轢かれてる人は何者なんでしょうか?

映画『シーボーグ』は『未体験ゾーンの映画たち2017』にて、2017/1/17より公開です。どうぞ、お楽しみに!

『シーボーグ』
監督/脚本:ダニエル・アームストロング
出演:ホイットニー・ダフ, クリステン・コンドン、エマ・ルイーズ・ウィルソン
2016 年/オーストラリア/英語/スコープサイズ/約90 分/原題:Sheborg Massacre
配給:ブロードメディア・スタジオ

(C)2016. MultiVisionnaire Inc. All rights reserved.

カテゴリー : エンタメ タグ :
レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。