体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Steamウィンターセール開催!定番のおすすめインディゲーム13選

PC向けゲーム配信プラットフォーム「Steam」にて、日本時間12月23日3:00から1月3日3:00までの期間中、年内最後のセールとなる「ウィンターセール」が開催されている。

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8155247
 
Steamでは現在、コンシューマゲーム作品のみならず、日本語で遊べるさまざまなインディゲームも配信されている。そこで今回は、大幅な値下げが行われている作品も存在する年末最後のセールを機会に、プレイしておきたい定番のおすすめインディゲームを13作品紹介する。初心者にも勧められる作品となっているので、気になった作品があればぜひ遊んでみてはいかがだろうか。

『FTL: Faster Than Light』

t49vyzfq
 
まず初めに紹介する『FTL』は、1機の宇宙船を操って敵宇宙船と戦いながら冒険する「ローグライク+ストラテジー」といった内容のゲーム。これまでに数多くの賞を受賞している作品であり、かつユーザーの評価も非常に高い作品だ。

本作のゲームルールを一言で表すと「敵宇宙船と戦うために、船内を管理する」というもの。プレイヤーは宇宙船の指揮官となり、反乱軍から逃げながら宇宙を旅して重要なデータを届けるのが目的だ。ゲームのタイトルにもなっている「FTLドライブ」で星から星へワープしながら進み、道中ので戦闘・買い物・人助けなどのイベントに遭遇しつつ、最終目的地である連邦の主力艦隊を目指すのだ。

このゲームでは、ルールと世界観が合致した美しいゲームデザインが大きな特徴となる。宇宙船には電力の概念があり、戦闘時、武器に電力を割り振って一斉射撃したり、電力をエンジンに割り振って敵から逃げたりなど、プレイヤーは限られた電力をどの機能に割り振るかを決めていく。

また、戦闘以外のイベントはテキストと選択肢によって進行していく。困っている船を見つけたり、怪しい商品を売りつけられそうになったり、海賊に金を払えと脅されたりなど様々なイベントが発生し、その都度選択を迫られることになる。完全にテキストのみで語られるため地味ではあるが、ゲームブック的な感覚で楽しめる。

ゲームデザインの独創性と完成度の高い本作、一度はプレイしてみてはいかがだろうか。なお、本作は有志による日本語化パッチも存在している。

(紹介記事)
宇宙船ローグライク『FTL』のゲームデザインは何故こんなにも美しいのか

『Risk of Rain』

image043
 
次に紹介するのは、ローグライクの要素を取り入れたアクションゲーム『Risk of Rain』だ。ワシントン大学の学生が2人で作った本作は、既に名作インディゲームとして名を知られるゲームではあるが、改めて紹介したい。

このゲームは、惑星間の移動が当たり前に行われるようになった未来の世界で、未知の惑星に墜落して1人生き残ったプレイヤーが生き延びるために戦い抜くというストーリー。銃火器の使用やエイリアンチックな敵キャラなどSF的な世界観だ。

プレイヤーは10人のキャラクターから1人を選ぶことができる。ゲームをスタートした当初は「Commando」しか使えないが、プレイしていくにつれ徐々にアンロックされていく。どのキャラも攻撃方法など使えるアビリティが違ってプレイ感が変わってくる。マップのどこかにあるテレポーターを探し出し起動、同時に登場するボスを含む全敵キャラを倒してテレポーターに乗ると階層クリア、次の階層に進むことができる。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。