体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

異色の哲学小説が大ヒット中!元アイドル・原田まりるさんはなぜ、「哲学小説家」を目指したのか?

元・アイドルが書いた哲学小説『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』が話題だ。17歳の女子高生アリサが現代に降り立った哲学者・ニーチェと出会い、成長していく姿を描いている。

難解なイメージがある哲学がわかりやすく解説されていて、哲学を身近に感じられると評判になり、発売3日後には重版が決定。その後も売り上げを伸ばし続けている。

著者である原田まりるさんは、男装アイドルユニット「風男塾」のメンバーとして活躍しながら数々の連載コラムを持つなど文筆家として活躍。2013年のユニット脱退後は本格的に執筆に取り組んでいる。

彼女はなぜ、アイドルから文筆の道に進んだのか。そしてなぜ“哲学”なのか。詳しく聞いた。

f:id:itorikoitoriko:20161125151353j:plain

原田まりるさん

作家、コラムニスト、哲学ナビゲーター。

1985年京都府生まれ。高校時代に哲学に出会って感銘を受ける。京都女子大学在学中から芸能活動を始め、2005年にレースクイーンオブザイヤーのグランプリに。その後、アイドルユニット「中野風女シスターズ」、男装アイドルユニット「風男塾」のメンバーとして活躍。2013年に脱退後は、執筆活動を本格化。2014年に『私の体を鞭打つ言葉」(サンマーク出版)、2016年9月に『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』(ダイヤモンド社)を発刊。

高校時代に哲学に出会い、悩みが晴れ、視界が開けた

18歳の時から芸能活動を始め、レースクイーンやアイドルユニットのメンバーとして華やかな舞台を歩んできた原田さん。しかし、中学、高校時代は他人に合わせるのが苦手で、一人で行動するタイプだった。そして尾崎豊の歌詞に傾倒し、マンガやラジオに没頭する「オタク気質」でもあったという。

そんな原田さんが哲学に出会ったのは高校1年生の時。近所の本屋で、たまたま哲学者の中島義道氏の本を手に取り、とても感銘を受けたのだという。

「当時の私は、人付き合いも含め、いろいろなことで悩んでいました。『社会的な幸せを追うべきか、それとも精神的な幸せを追うべきか』なんてことを日々考えては、ノートに綴っていたんです。とはいえ誰かに相談するわけではなく、書き出しては考え、一人思い悩んでいたのですが、中島先生の本を読んで、ぱーっと視野が開けたんです。『哲学書には普段私が考えたり、悩んだりしていることをさらに深堀りした問いが載っていて、読めば自分の考えが整理できるんだ』と気づき、一気に哲学にのめり込みました」

「人に合わせるのが苦手で」哲学の研究者を目指すが、なぜか芸能界へ

f:id:itorikoitoriko:20161125151355j:plain

高校卒業後は京都女子大学に進学し、ジェンダー論と哲学を専攻。「周りと合わせられない自分は、一般企業ではきっと働けないだろう。好きな哲学の分野で研究者になれれば」という思いから選んだ進路だった。

しかし、ひょんなことから大学1年生のときに芸能界に飛び込むことになる。

「当時、走り屋の若者たちを描いたマンガ『頭文字D』にハマっていたんです。そこから自動車に興味を持つようになり、ある日モーターショーを見に行ったら、芸能事務所の人に『レースクイーンにならないか』とスカウトされまして。自分の容姿が評価されるなんて思わなかったので驚きましたが、思い出になりそうだと思い切ってチャレンジしてみました」

レースクイーンの仕事は、写真を撮られることを除いては、意外にも自分に合っていたという。好きな車に触れられる仕事であり、サーキット場に通うのも楽しかった。好きが嵩じてA級ライセンスも取得し、レースに出るようにもなったという。そして、2005年には「レースクイーンオブザイヤー」に選ばれるまでに。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。