ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Googleマップのアクセシビリティ情報に「車椅子対応のエントランス」が追加、簡単に報告可能

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Google は Google マップでレストランやカフェ、施設などのスポットに関する説明を充実させるために、実際にそのスポットに訪れた方に対して様々な質問をして、その集計結果をプレイスページのサービスや施設の情報として反映させていますが、最近この機能が強化され、今では車椅子対応のエントランスがあるのかどうかも提案できるようになりました。近年では、社会の変化と共にバリアフリー対応への意識度も高まっていることもあり、公共の施設や比較的新しいお店では車椅子用のスロープを目にすることは多いものの、日々情報が更新されるネット上の情報とはリンクしていない場合がほとんどで、こうった設備を必要としている人々に情報が伝わらないのが現状です。Google の取り組みはこの問題を解消に導く良いアイデアだと言えます。Google マップのプレイスページを開くと、「>」アイコンのある部分にお店の雰囲気や価格帯、設備などの様々な情報の抜粋が表示され、矢印アイコンをタップすると詳細を確認できます。そして、下部に表示される「変更の提案」タップすると、修正案や新規情報を候補の中から選択するだけで提案できるようになっており、ここで「車椅子対応の入り口」をタップして送信する提案完了です。車椅子対応の入り口があるのかどうかはお店に行けば明確なので比較的協力しやすいことだと思います。Source : BusinessInsider

■関連記事
「倉木麻衣」の直筆イラストLINEスタンプとLINE着せかえ2種類が配信開始
Google、Material Designのガイドラインを更新。アプリショートカットやクロスプラットフォーム利用、ヘルプコンテンツの新セクションを追加
Lenovo、2017年にChrome OS版Yoga Bookを発売へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。