ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

「スーパーマリオラン」の利用には常時インターネット接続が必要。Android版は著作権侵害への懸念のために遅れている模様

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
いよいよ今週リリースを迎える任天堂の新作スマートフォンゲーム「スーパーマリオラン」について、任天堂の幹部である宮本 茂氏によると、ゲームをプレイするには常にインターネットに接続されている必要があるそうです。スーパーマリオランはマリオを操作して横スクロールのステージをクリアしていくカジュアルゲームで、まずは 12 月 15 日に iOS 版がリリースされます。Android 版も開発中とされていますが、リリース時は iOS 版のみです。ゲームの特性を考えると、常時インターネット接続は不要とも思われますが、宮本氏は、任天堂がこのような要件を設定したことはゲームの不正行為を防止するためだと述べています。また、iOS 版が先行リリースされることになったことについては、iOS のセキュリティの高さを大きな理由としています。Android の場合はアプリを勝手に改変して不正に再配布するケースが蔓延しており、こういった著作権侵害への対策を講じるためにリリースを先延ばしにしている模様です。Source : Mashable

■関連記事
“オンキヨー”ブランドのAndroidスマートフォン「DP-CMX1」がWi-Fi Allianceの認証を取得、Android 6.0を搭載
Android用ホームアプリ「Action Launcher 3」に未読件数のバッジ表示機能が追加、表示のカスタマイズも可能
Android Tips : Android Nougatでバッテリー残量を割合(%)表示する方法

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。