体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

携帯ゲーム機型PC「GPD WIN」で、おすすめ名作フリーゲーム10選を遊んでみた

携帯可能なゲーム機型PC「GPD WIN」。Newニンテンドー3DS LLと同じくらいコンパクトなサイズとなるこのPCは、フリーゲームやSteamのインディゲームなど、Windows用のゲームがどこでも遊べるようになるアイテムとして、一部で話題となっていた。

image00
 
そこで今回は、多くのフリゲ好きの方々がご存知であろう名作フリーゲーム10作品をGPD WINでプレイし、操作感等をレビュー検証した。スクリーンショット左上の数値は「Fraps」によるFPS値となるので、動作の重さの指標としていただきたい。「推奨操作モード」とは、GPD WINで設定できるゲームパッドの入力モードを指す。詳細は記事後半で記載する。

なお、今回は「フリゲを携帯機で遊びたい!」という多くのプレイヤーが持つであろう思いを実現できるかの初期検証であり、ゲーム内容全ての動作検証が出来ているわけではない点をご了承頂きたい。

また、GPD WINは現在、購入方法としてはクラウドファンディングサイト「Makuake」にて購入したユーザー向けに初期生産分が出荷されている段階であり、それに伴う問題も一部発生している。こちらも後述をお読みいただきたい。

『魔女の家』

image10
 
本作『魔女の家』はプレイ時間は2~3時間のホラー風アドベンチャーゲーム。魔女の家に迷い込んだ13歳の少女ヴィオラを操作し、不気味な仕掛けを操作し謎解きを行いながら物語の核心へと迫っていく。即死する謎解き、そしてゲームを進めていくごとに徐々に明らかになる魔女の家の秘密と「ある違和感」。そして待つエンディングの衝撃はぜひ味わって欲しい。セーブポイントの黒猫が唯一のなごみポイントでもある。

・GPD WINでのプレイ感想:
ホラーゲームの特性上、場面によってはシビアな操作が要求されるため、GPD WINのゲームパッドとの相性は高いと感じた。全画面でプレイすると恐怖感が増すのもポイント。移動やメニュー画面の開閉も快適に行うことができる。

・推奨操作モード: DInput

(関連記事)
苦手な人にはおすすめしない、本当に怖いフリーホラーゲーム特集
連休中に遊んでおきたい、おすすめフリーゲーム 10 選

『Ruina』

image13
 
image18
 
image20

2008年末にリリースされ、第4回ふりーむ!ゲームコンテストにて最優秀賞を受賞した『Ruina 廃都の物語』。もうすぐリリースから10年近く経つ作品だが、今なお高い人気を誇る文字通りの名作だ。

そんな本作はゲームブックやTRPGを基に作られており、フィールド移動をほぼ排した探索システムは快適でありつつ濃いプレイ体験を可能としている。 また、作者の確かな文章力と広範な知識、重厚な世界観に裏打ちされたテキストとストーリーは大きな魅力がある。ことテキストに関しては、数あるフリーゲームの中でもトップクラスのひとつと言ってもいいくらいだ。

・GPD WINでのプレイ感想:
戦闘画面やUI共に快適に操作可能であることが確認できた。戦闘画面で派手な魔法を使ったときなどの全画面エフェクトも特に処理遅延などは見られなかった。推奨操作モードはDInputだが、XInputモードに切り替えれば、マップ画面等のポインタの操作にアナログスティックが活躍するのもうれしい点だ。

1 2 3 4 5次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会