体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『疾風ロンド』吉田照幸監督インタビュー 「スタッフに“つまらない”と言われて『GoPro』を使うアイディアが出てきた」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2013年11月に実業之日本社から刊行された東野圭吾さんの長編サスペンス小説『疾風ロンド』。原作者より「映像化は困難」と言われていましたが、このほど映画化。緊張感のあるサスペンスストーリーの中に、どこかクスっと笑わせるコメディ的な要素が散りばめられた娯楽作品になっています。
監督を務めたのは、NHK『サラリーマンNEO』『あまちゃん』演出として知られる吉田照幸さん。『ガジェット通信』では吉田監督にインタビュー。作品の見どころや撮影時のエピソードなどをお聞きしました。

「原作にない部分を東野先生にアイディアをいただいた」

--まず、吉田監督にとって東野圭吾さんの作品を撮ることに、どのような意味があったのか、お聞かせいただければと思います。

吉田照幸監督(以下、吉田):もう、大好きで。『放課後』とか『卒業』とか、東野先生が初版作家と呼ばれていたときから、「なんでこの人の面白さがわからないんだろう」と、ずっと憤りがあったんです。でも『秘密』から世間が知り始めて、『白夜行』『容疑者Xの献身』から本当に大作家になっていますよね。
東野先生の大好きなところは、イタズラ心があるところ。犯人がわからないとか、ブラックな展開もあって、そういうところが自分がやってきた事と近かったので、いつもすごく楽しみに読んでいました。ですから、大好きな作家の一人の原作を映像化することは、すごくうれしかったです。

--『疾風ロンド』は雪山のサスペンスというところを大きく打ち出していて、その中に人間ドラマがあり、なおかつ吉田監督がお得意とされているコミカルなところもあり、その両方が合わさった作品になっていますが、脚本を書く上でポイントになったのは、どういったところでしょうか?

吉田:結果的に僕がやることになった決め手としては、やっぱりコメディ要素を入れることが得意だという事だと思うんですよね。台本を書き直させてもらっているんですけど、その中で、「より笑いを入れていきたいな」という気持ちがあったんです。サスペンスなんだけれども、コメディということが新しくて、なかなか日本映画ではないなと思って、まず興味を持ってやりました。
その上で人間ドラマも入っているというのは、やっぱり映画って、何か最後にちょっと自分を振り返る瞬間があってほしいなと思っているんです。ただ面白いというだけでは、やっぱり終わらせたくなかったので、栗林親子のエピソードを、原作にない部分を入れさせて頂いたんです。そうしたら先生から、入れさせて頂いた台詞に、スキーのことを例にしてやったらどうかと逆にアイディアをいただいて、先生が「後ろを滑ってると……」みたいな台詞をくださって、それを入れてみるといったみたいな、ちょっと不思議な状態でした。原作をお書きになった先生が、原作にないところの脚本を書いているみたいな。面白かったですね。

--原作者から直接、「こういうふうにしたらどうかな」というふうなことは、なかなかないですよね。

吉田:そうですね。「こういうシーンだったら、こういうことを栗林が言うんじゃないか」みたいなことを、やっぱり聞いてますからね。

--主演の阿部寛さんを演出されるということで、緊張なさったということですが、撮影時のエピソードをお聞かせいただけますでしょうか。

吉田:阿部さんって、本気なんですよ。雪の穴に入ったときも出やすいように遠慮していたら、「これだったら、出れちゃうだろ」って言って、自分で雪を入れちゃう人なんですよ。「ああ、この人、本気だな」と思って。やっぱり緊張しますよね。それと、例えばコース外に落ちるシーンでも、2つのお芝居をされて、「どちらがいいですか?」って聞かれるんですよ。要はそのとき、瞬時に判断しなきゃいけないんですよね。それに対して「なんで?」っていうこともなく、「わかった」って言って、もう決まっちゃうんですよ。
だからある意味、阿部さんに「何かこんなことをやってみようか、こういうことをやってみようか」っていうアイディアがあるのを、僕がジャッジするっていう関係になるんですよね。そのジャッジをしたら、阿部さんは「吉田監督に任せます」と言って、もうそれに決まっちゃうんですよね。だから、「すげぇ責任が重いな」と思って。しかも瞬時に決まっちゃうんで、プレッシャーでしたね。あと身長が高いですからね、単純なプレッシャーっていうんですかね(笑)。

1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。