ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソランジュ最新作国内盤リリース、Chara「新色の口紅みたい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ソランジュのキャリア史上初となる8年ぶりの新作、『ア・シート・アット・ザ・テーブル』の国内盤が11月30日にリリースされた。

 ソランジュが全てのソングライティングを手掛け、ラファエル・サディークをエグゼクティブ・プロデューサーに迎えた本作は、全米で1位を獲得。実姉であるビヨンセのアルバム『レモネード』と合わせて“兄弟/姉妹による同年全米1位獲得”という記録を達成しており、これは2001年のマイケル・ジャクソン&ジャネット・ジャクソン以来15年ぶりの記録となっている。

 また、『ア・シート・アット・ザ・テーブル』について世界中で称賛の声が上がっており、日本国内ではCharaがソランジュについて「新色の口紅みたいな、フェミニンで上質な、いい女」と語っており、本作では「クレーンズ・イン・ザ・スカイ」がお気に入りだとコメント。さらに、海外ではアリシア・キーズ、カルヴィン・ハリス、ケンドリック・ラマーをはじめ女優のケリー・ワシントンや各界の著名人らが絶賛している。

◎「クレーンズ・イン・ザ・スカイ」MV:https://youtu.be/S0qrinhNnOM

◎リリース情報『ア・シート・アット・ザ・テーブル』
2016/11/30RELEASE
<国内盤CD>
SICP-4990  2,400円(tax out)

関連記事リンク(外部サイト)

ソランジュ最新作リリース記念インタビュー ~『ア・シート・アット・ザ・テーブル』に組み込まれたアルゴリズム
ビヨンセの妹ソランジュが新曲2曲のミュージックビデオ公開
ビヨンセ 妹ソランジュの誕生日に可愛らしい子ども時代の写真を投稿

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP