ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ローカルだけどレベル高し!ナンレーン市場で食べた『サイクロークプラーネーム』

  • ガジェット通信を≫



ไส้กรอกปลาแนม サイクロークプラーネーム

チャイナタウン北、ナコンサワン通り(ถนนนครสวรรค์)とクルンカセム通り(ถนนถนนกรุงเกษม)の交差点近くにあるこじんまりしたローカル市場。名前を「ナンレーン市場」という。(ตลาดนางเลิ้ง「ナンルン市場」の表記もあり。)

あまり知られていないけど、王室御用達の麺料理屋なんかもあり、食べ物のレベルが高いところ。


中央の吹き抜けがフードコートみたいになっているのがトレードマーク?
この周りにあるご飯屋さんはどこもやったら美味しそう。

そんな市場のなかで、今回注目したいのは、「サイクロークプラーネーム」という料理。


ここにはちょっと有名な専門店があるのだ。
ここじゃなくても、デパートやショッピングセンターの地下でも、
たま〜に売っているかも?
存在自体が地味なので見過ごしてしまっている可能性大…。


行ってみたときには、この料理のことをあんまりよく知らなかったので、
「ええ〜と、サイクロークプラーネームください。」とおバカな顔して注文。
すぐに店のオバちゃんに外国人だとばれ、食べ方を説明される。
どうやら、店頭にあるサニーレタスと、サイクローク(ソーセージ)と、魚のそぼろを一緒に食べるのが「サイクローク・プラーネーム」という料理らしい。

「はい、作ってあげたわよ。これ食べて。」と、素手でムニムニと整形した完成品をそのまんま手渡ししてくれた。
うん、わかったありがとう…。えーと、とりあえず食べてみよう!


お値段は意外と高くて、僕が行った時は50バーツだった。
まあ、それなりのボリュームはあったので高すぎると言うことはない。
早速オバちゃんに教わった通りムニムニと整形して食べてみた。


こんな感じで、まとめて食べると美味しいんだとか。
ぱくっと食べてみると…。 うおぉ!これ、いくらでも食べられるやつ!
魚のそぼろは生臭さが全くなくて、言われないと魚だと気がつかないかもしれない。
とても香りが良く、オレンジのような風味がある。 それだけ食べるとちょっと甘すぎるかもしれないんだけど、サイクローク(ソーセージ)と一緒に食べるとこれが、ちょうどいい塩梅なのである。

モリモリ頂いた!!

テンション上がる市場なので、いちど行ってみるといいかも。(^^

訪れたお店   : サイクロークプラーネーム(ไส้กรอกปลาแนม料理名=店名)
この料理のレア度: ★★★★☆☆(あまり見かけない料理)
お店の場所   :(ナンレーン市場内の小さい店)

街かどタイ料理! - トムヤムBlog -の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。