ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界一美しいと評された「ねこ新聞」ってどんな新聞?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「PIN UP」。11月28日(月)のオンエアでは、「月刊 ねこ新聞」を紹介しました。

「月刊 ねこ新聞」は、1994年7月に創刊された、世界で唯一となる“ネコ”をテーマにした新聞です。編集長の原口緑郎さんの「心を癒す仕事をしたい」という思いから誕生しました。

タブロイド版8ページに渡る紙面の表紙を飾るのは、ネコに関する絵画と詩。紙面をめくっていくと、作家やジャーナリスト、タレント、作曲家、画家など、錚々たる著名人から一般の方まで、ネコを愛する人たちから寄せられたエッセイやストーリーの数々が綴られています。

これまでに「世界一、文学的で美しい新聞」として、ニューヨークタイムズ日本版に二度紹介されるなど、そのクオリティには定評があります。

創刊22周年を記念した200号には、これまで寄稿してきた林真理子さん、あさのあつこさん、黒木瞳さん、小池真理子さん、森村誠一さんなど各界の著名人から届いたエールが掲載されています。副編集長の原口美智代さんによると、

「広告もハウツーものの内容も入れてありません。最初に原口がこの新聞を立ち上げる時に言っていた、『夏目漱石のネコのように、世の中を斜めに見て、大人の絵本のような新聞を作りたい』というコンセプトに沿ってきました」とのこと。

原口編集長はコネを使うのが嫌いなため、これまで寄稿してきた方々には、お手紙とバックナンバーを送ることで直接オファーしてきたそうです。

「原口は、相手が偉い人であっても『同じ人間なんだし、ダメで元々だから』ということで依頼をしています」(美智代さん)

その方法は創刊以来変わらず、横尾忠則さんやビートたけしさん、清水ミチコさんなど、これまで総勢約350人の方が紙面に登場してきました。

今や、「月刊『ねこ新聞』を支える会」も存在するほど愛されていますが、新聞の歩みは決して順風満帆ではありませんでした。発行から1年で、編集長が病に倒れ休刊になってしまいます。その後、多くの方々の支援と、編集長の奥様でもある副編集長・美智代さんのサポートによって復刊しました。

世の中はインターネット社会となっていますが、「やっぱり紙にこだわりたい」というところにも、そのこだわりのほどがわかります。“ネコ”が繋いでくれた縁を大切に、そして、紙のぬくもり、めくる楽しさをなくさずに、美しく文学的な「月刊 ねこ新聞」は、これからも歩み続けます。興味を持たれた方は、「月刊 ねこ新聞」の公式サイトをぜひチェックしてみて下さい。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP UP!」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP