体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界一厳しい陸路国境越え!?ヨルダンからイスラエルに入国してみた【イミグレ体験記】

島国の日本に住んでいると、「国境越え」という響きにどこかロマンを感じることはないでしょうか? 世界には数多くの国境がありますが、「出入国が異常に厳しい」国境があることでも知られています。

中でも複雑な歴史、政治、宗教問題が絡んだヨルダンからイスラエルへの陸路国境越えは、旅好きの間では「世界一厳しい国境越え」との声も。今回は筆者が2012年に体験した、そんなヨルダン→イスラエルの陸路国境越えをご紹介しましょう。

まずはヨルダン側の国境を目指す

世界一厳しい陸路国境越え!?ヨルダンからイスラエルに入国してみた

ヨルダンのアンマン空港から、タクシーにてイスラエルとの国境「キングフセインブリッジ」に向かいます。

世界一厳しい陸路国境越え!?ヨルダンからイスラエルに入国してみた

国境は死海近くにあるので、標高がどんどん下がっていくのを実感。

ヨルダンのイミグレはフレンドリーで安心

世界一厳しい陸路国境越え!?ヨルダンからイスラエルに入国してみた

キングフセインブリッジに到着。

世界一厳しい陸路国境越え!?ヨルダンからイスラエルに入国してみた

窓口にて手続き。パスポートにイスラエル出入国のスタンプを押されると、敵対するアラブ諸国への入国ができなくなるため、ヨルダン側の時点で「No Stamp」とお願いしました(筆者は当時オマーンに住んでいたのでNo Stampにしましたが、今後アラブ諸国に行く予定がない場合は特に気にしなくても良いかと思います)。

世界一厳しい陸路国境越え!?ヨルダンからイスラエルに入国してみた

別紙に押された出国スタンプ。同じような旅行者が多いのかヨルダンでは何も咎められることなく、スムーズに手続きしてもらえました。しかもかなりフレンドリー。

世界一厳しい陸路国境越え!?ヨルダンからイスラエルに入国してみた

バスに乗っていよいよイスラエル側のイミグレに向かいます。何人か集まってから発車。他のメンバーを見ると、イギリス人、ドイツ人、ポルトガル人などの旅行者がほとんど。

次のページでは緊張感ある緩衝地帯のルポです!

■あわせて読みたい
一度はやってみたい!ロマンを感じる国境越え3選
旅人必見!世界を旅するバックパッカー・旅人の生態がわかる用語15選
誰でもできる!26か国旅した旅人が教える、ストレスのない旅5つの秘密
目を疑うような神秘の場所、ヨルダンにある古代都市「ペトラ」

緊張感ある緩衝地帯

世界一厳しい陸路国境越え!?ヨルダンからイスラエルに入国してみた

緩衝地帯を通過中。荒野が広がります。

世界一厳しい陸路国境越え!?ヨルダンからイスラエルに入国してみた

厳しい雰囲気を醸し出す監視台。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。