ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【先ヨミ】RADWIMPS、新AL『人間開花』が現在139,128枚で首位独走中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから2016年11月21日~11月23日までの集計が明らかになり、RADWIMPSのニューアルバム『人間開花』が139,128枚を売上げて独走状態で1位になっている。

 映画『君の名は。』のサウンドトラックがロングヒットしているRADWIMPS。『人間開花』には、その映画の主題歌「前前前世」「スパークル」のオリジナルヴァージョンやシングル曲としてリリースされた「記号として」「‘I’ Novel」など新曲を含む全15曲が収録されている。今回の集計では唯一10万枚を超えるセールスを記録しており、次週発表の週間結果でも1位が濃厚だ。

 2位~5位は約2,000枚差の中にひしめく大混戦。現在2位は、和楽器バンドのボーカル・鈴華ゆう子のソロ1stミニアルバム『CRADLE OF ETERNITY』。久保田利伸の初となるコラボーレーションベストアルバム『THE BADDEST~Collaboration~』が3位に。その後ろは、大黒摩季のベストアルバム『Greatest Hits 1991-2016 ~All Singles + ~』とAK-69『DAWN』が続いている。

◎SoundScan Japanアルバムセールス集計速報
(2016年11月21日~11月23日までの集計)
1位:『人間開花』RADWIMPS 139,128枚
2位:『CRADLE OF ETERNITY』鈴華ゆう子 8,251枚
3位:『THE BADDEST~Collaboration~』久保田利伸 7,814枚
4位:『Greatest Hits 1991-2016 ~All Singles + ~』大黒摩季 6,657枚
5位:『DAWN』AK-69 6,353枚

関連記事リンク(外部サイト)

RADWIMPS リベンジ企画【「いいんですか?」のビデオ、やりなおしても「いいんですか?」】開催! 全国ツアー詳細も発表
RADWIMPS野田洋次郎“やっと見つけた、この人だ” さユり「フラレガイガール」へのコメント公開
RADWIMPS 西武新宿駅前ユニカビジョンにて特集番組放映! オリジナルポスターのプレゼントも

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP