体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

作家・米澤穂信がファンの質問に答える新企画がスタート

作家・米澤穂信がファンの質問に答える新企画がスタート

山本周五郎賞を受賞した『満願』や、『真実の10m手前』で知られる小説家・米澤穂信さんが、読者から寄せられた質問に答えるスペシャル企画「米澤穂信の一問一答」がスタートした。

この企画は米澤さんの人気シリーズ「<古典部>シリーズ」の最新刊『いまさら翼といわれても』(11月30日発売、KADOKAWA刊)の刊行を記念して行われるもの。質問の募集は11月21日(月)に開始されており、12月15日(木)まで受け付けている。米澤さんからの回答は11月28日(月)から、随時「米澤穂信<古典部>シリーズ)」の公式ページ内で発表される。

ファンにとっては、これまでのシリーズの謎を説くチャンス。ぜひとっておきの質問を投げかけてみてほしいが、質問は前述の公式ページからのみ可能、SNS等では受け付けていないので注意が必要だ。

■『いまさら翼といわれても』あらすじ

神山市が主催する合唱祭の本番前、ソロパートを任されている千反田えるが行方不明になった。夏休み前のえるの様子、伊原摩耶花と福部里志の調査、課題曲、ある人物がついた嘘――折木奉太郎はさまざまな事象からえるの居場所に向かう。突如姿をけした彼女の真意とは?(表題作)

「米澤穂信<古典部>シリーズ」公式ページ
(http://shoten.kadokawa.co.jp/sp/201202-04/)

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

【書店フェア情報】吉祥寺・ブックスルーエにて空犬太郎氏選書のフェアを開催

NEWS加藤が文芸誌で新連載を開始

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。