体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「実際にパワハラされるとヘコむ」政権交代の明暗!源氏に吹き始める運命の逆風~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

genji-25

いつの時代も、政権交代は世の中に大きな影響を与え、明暗をもたらすもの。「これから世の中がどう変わっていくのか」、本当に不安ですよね。今回は政権交代を悲観する人びとと、運命が暗転していく源氏のエピソードです。

「さようなら父上」源氏の父・桐壺院の最期

六条との悲しい別れがあったあと、源氏の父・桐壺院(以下、院)の病気が悪化。源氏の兄・朱雀帝(以下、帝)がついにお見舞いの行幸を行いました。親の病気とは言え、皇族の常で、おいそれとお見舞いに行くわけにも行きません。おそらく最後の対面となるお見舞いです。

桐壺院は遺言します。「私がいた頃と同じように、何でも源氏に相談し、共に政治をしてゆきなさい。源氏は若いが優れた資質を持っている。跡目争いがあってはいけないと、わざわざ臣下にして、後は大臣として国務を執らせるつもりだったのだ。私の死後も、この意に背くことのないように」。

かつて源氏が幼い皇子だった頃、院はこっそりと朝鮮から来た使節に源氏の人相見をさせたことがありました。彼は源氏を見るなり「類まれな人相の持ち主です。天下を治める器ですが、帝位に就かれると国の乱れが起こるでしょう。しかし臣下としてただ国を支えるのみ、というわけでもなさそうです」。

事情が許さなかったとは言え、院は最後まで源氏を帝位に就けられなかったことを悔やんでいました。美しく愛嬌があり、なにをさせても優秀で、誰よりも愛した女性から生まれた皇子のことを。

皇子と生まれたのに、帝位を夢見る資格のない臣下の身。自身の容姿と才能を自負し、「なにをしても許される」と思いあがりつつも、絶対に帝位に就くことはできない…。そんなジレンマを源氏はずっと抱えています。

一方、幼い頃から源氏と比較されてきた帝。院の言葉に「決してご遺言に違うことはございません」と繰り返し約束します。こういう時、(父上もこんな時に源氏、源氏って!)とか思っても良さそうなのですが…。

帝はとても大人しい気弱な男。万事に優れた弟の源氏には、一目も二目も置いている上、彼は源氏が大好き。いつだったか「もし自分が女だったら契りたい」と大胆発言したくらい。(これ以外にも複数の男性の視点で「源氏を女装させたい」「女だったら…」という妄想が語られるシーンが結構ある)。そんな帝が硬く誓ってくれたので、院も安心して最後の会見を終えました。

日を改めて、皇太子(源氏と藤壺の宮の子)もお見舞いに。5歳の割にはしっかりして可愛らしく、久しぶりの面会を無邪気に喜んでいます。その横で涙に沈む宮。

源氏の時には叶えられなかった夢を託した皇太子に、院はあれこれ教えて聞かせますが、まだ5歳。こんな子を遺して死ぬのが心残りでなりません。(まあ、自分の子じゃないんですけど…)。源氏にも「帝を補佐し、皇太子の後見をよろしく」とくれぐれも言い聞かせます。

「いい世の中は望めない」政権交代に不安の声

最後の時が迫り、多くの人々がお見舞いに行く中、事実上の離婚状態だった太后は動きませんでした。宮がつきっきりで看病しているのが不快で、どうでもいい意地を張っているうちに、ついに桐壺院崩御。国全体が悲しみに包まれます。源氏も悲しみのあまり出家しようかと思うほどです。

上皇となっても政治の要であった院。今後はまだ若く実力のない帝と、強引で短慮な右大臣、執念深く権力にこだわる太后の天下になります。「いい世の中になりそうじゃない…」あちこちから早くも聞こえる悲観の声。政権交代の不安、大いに共感できるところです。

最期まで看病した、宮の悲しみも大変なものでした。后妃たちは四十九日間は宮中にいて、その後、実家に戻ります。寵愛の深かった彼女は、近年ほとんど実家に帰ることもなかったので「なんだか知らない家に来たみたい、心細い」

すべてが木の葉のように落ち、そして入れ替わる時が来た――。悲しみと不安の闇の中、新しい年が明けます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy