体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

TKGを焼いて酒のつまみに! クリスピーな食感の「焼き卵がけご飯」

f:id:naruse_e:20161020152746j:plain

こんにちは、メシ通レポーターの藤田佳奈美です。突然ですが、日本のソウルフードの代表格といえば何を思い浮かべますか? おにぎり、お味噌汁、お寿司……そして忘れてならない “TKG(卵かけご飯)”! ごはんに生卵を落とし醤油をまわしかけるだけのシンプルな構成にもかかわらず、“ごちそう感”があるTKGは外せません。

今回はそんな神メシ・TKGのアレンジレシピをご紹介。なんとTKGの醍醐味であるトロトロとした食感を封印し、なんと焼いてしまいます! ただ焼くだけなのに全く別物に仕上がるので乞うご期待。

材料は基本的にTKGと一緒!

ごはん 醤油

これだけでもいいのですが、下記材料もプラスするとよりおいしく食べられます。 とろけるチーズ 白だし(またはめんつゆ) こしょう 片栗粉

作り方も超簡単!

f:id:naruse_e:20161020152352j:plain

いたって普通のごはんに、

f:id:naruse_e:20161020152419j:plain

今月は収入がよかったので奮発して卵を2個入れてみました。

f:id:naruse_e:20161020152450j:plain

そこに醤油と白だしをまわしかけます。濃い味が好みなので多めにかけました。

f:id:naruse_e:20161020152516j:plain

そして混ぜていきます。これで見慣れたTKGの完成です。さて、ここからTKGを焼く準備に入ります。

f:id:naruse_e:20161020152541j:plain

片栗粉を投入。片栗粉がつなぎの役割を果たしてくれるのですが、そもそも生卵もつなぎ的な役割を担っているので、入れなくても大丈夫です。ただ、崩れにくくなるので個人的には入れたほうがおすすめ。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。