体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【TABIZINE自由研究部】ドライトマト出汁deだいたい(大体・代替)和食

【TABIZINE自由研究部】調べる、考える、まとめる、伝える。
夏休みの自由研究のように、心惹かれることについて、じっくり調べてみる。考えて、試行錯誤し、また考えて、まとめて、発表する。TABIZINEにもそんな場がほしいと思い【TABIZINE自由研究部】を発足しました。部員ライターそれぞれが興味あるテーマについて自由に不定期連載します。

今回は、オランダ在住TABIZINEライター、倉田直子の自由研究「ドライトマト出汁deだいたい(大体・代替)和食」をお届けいたします。

それでも食べたい「日本の家庭料理」

【TABIZINE自由研究部】ドライトマト出汁deだいたい(大体・代替)和食
海外在住歴が8年を超えた筆者ですが、海外育ちの子供のためにも、週の半分は日本の家庭料理を作ることを心がけています。けれど、そこに立ちふさがるのが食材の壁。以前、【TABIZINE自由研究部】自然の葉っぱで納豆は作れる?でもお伝えしましたが、海外在住者にとって日本食材を入手することは日本ほど簡単にはいきません。

【TABIZINE自由研究部】ドライトマト出汁deだいたい(大体・代替)和食
和食の基本である出汁(だし)を取るにしても、昆布や鰹節、干ししいたけや小魚などは貴重なので毎日使うのを躊躇してしまいます。

そんな貧乏性の筆者は、ある日偶然、素晴らしい食材に巡り合いました。その食材との出合いは、和食のみならず、洋食も含む我が家の食卓に革命をもたらしたと言っても過言ではありません。
その食材とは実は・・・!

どうやって使うの?ドライトマト

【TABIZINE自由研究部】ドライトマト出汁deだいたい(大体・代替)和食
それは、ドライトマトです。イタリア料理で多用されるこの食材、実は和食にも合う美味しい出汁を生み出す素晴らしい存在なんです。

ある日、何気なくネットサーフィンしていたところ、ドライトマトを扱う日本のネットショップを見つけました。そのサイトに「出汁は、お吸い物にもおススメ」というようなことが書かれていたのです。それを見て、文字通り筆者は雷に打たれたような衝撃を受けました。出汁が命のお吸い物を、ドライトマトで作れるですって!?

当時はイギリスに住んでいましたが、慌てて近所のスーパーでドライトマトを購入し、そこから筆者の試行錯誤の日々が始まりました。そして約3年が経過し、だいぶドライトマト出汁を使いこなせてきている自信がついたので、その魅力の一端をご紹介したいと思います。

【TABIZINE自由研究部】ドライトマト出汁deだいたい(大体・代替)和食
(c)Naoko Kurata

これはオランダで愛用している商品ですが、ヨーロッパ各地で購入できるイタリア産のドライトマトです。ちなみに1パック100gで(筆者行きつけのスーパーでは)2ユーロ(2016年11月現在約235円)。数えてみたら、この時は1袋に22個入っていました。1個10円強くらいですね。オリーブオイル漬けの商品もありますが、和食の出汁を取るには、乾燥しているタイプのほうがおススメです。

【TABIZINE自由研究部】ドライトマト出汁deだいたい(大体・代替)和食
(c)Naoko Kurata

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。