体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

木村カエラ「これからも この先も 私らしくありたい!」自由を取り戻したポップスターの史上最も突き抜けたツアー

木村カエラ「これからも この先も 私らしくありたい!」自由を取り戻したポップスターの史上最も突き抜けたツアー

 自由を取り戻したニューアルバム『PUNKY』をリリースし、各所から絶賛の声を浴びている木村カエラ。今作を携えた全国ツアー【KAELA presents PUNKY TOUR 2016-2017 「STUDS TOUR supported by クラシエ naive」】が11月17日に千秋楽を迎えた。

木村カエラ キュートなライブ写真一覧

<「とりあえず一人で戦ってみよう」みたいな。私はこのまま前に進めない>

 同ツアー開催前に行われたインタビュー(http://bit.ly/2f9GtMt)では、「このアルバム『PUNKY』を出すまで、ここ数年の私って結構ふわふわした状態だったぽくって(笑)。「一体、自分が本当は何をしたいのか?」っていうところがおそらく分からなくなってきちゃってて。何でもやればやるほど人の声に耳を傾けたくなるのは普通のことで、でも人の声に耳を傾けつつも自分のやりたいことは決まってるから、そのあいだで中心を捉えられないまま彷徨ってた」と苦悩の日々について心情吐露し、さらには「「とりあえず一人で戦ってみよう」みたいな。じゃないと、私はこのまま前に進めないと思ったんですよね。だから元々のバンドメンバーも、デビュー当時からずっと一緒にやってたんですけど、彼らには「私はみんながいると甘えちゃうから、一回離れる」って説明して、自分が「ここまでいけたら良い」っていう姿になるまでみんなとはやらないって決めたんです。私が変に迷ってしまっていたから、あそこで自分に覚悟を決める必要があったんですよね。でもそのおかけでようやく戻ってきました。だから今実はすごくスッキリしてて!」と長いトンネルから抜け出したことを報告してくれたカエラ。

<2016年秋現在の木村カエラ「自由を取り戻したアーティスト、みたいな?」>

 そして「2016年秋現在、木村カエラはどんなアーティストになっているなと自身では感じていますか?」という問いに「自由を取り戻したアーティスト、みたいな?」と答えた彼女は、今回のツアーでまさしくその発言通りのライブを全国各所で展開。會田茂一(g)、佐藤征史(b,cho)、柏倉隆史(dr)、ヒイズミマサユ機(key)といったカエラいわく「同じ星の人が集まった。みんなそれぞれ凄くて、切磋琢磨する感じもあるし、だからと言ってみんな偉そうにしている訳でもないし、同じ星の人たちだから空気感で伝わっていくし、すごく居心地が良い。でも遠慮せずに目立とうと出来るというか、みんな凄い人たちなのに「負けずに目立っちゃおう」ってなれる」というバンドメンバーと共に、自由で新しい木村カエラを次々と我々に叩きつけてくれた。

 ツアー初日、10月18日の赤坂BLITZ公演は、AxSxE作曲の「SHOW TIME」で幕開け。超満員のオーディエンスが繰り出すハンドクラップに「上手ねぇ~!」とのっけからゴキゲンな様子で、続くH ZETT M作曲の「僕たちのうた」ではカエラ流青春パンクをエモーショナルにお届け! 「光る 新しい日々へ! 行こう 新しい日々へ!」と自由を取り戻したアーティストに相応しいフレーズたちで我々を鼓舞しまくる。そして「みんなの声をちょうだい! もっと! もっと!」これまでも幾度となく狂乱的なハッピーグルーヴを生み出してきた「STARs」を畳み掛ければ、誰もが笑顔でオイオイコールを響かせながら大はしゃぎ。この時点で今宵のライブは大成功の様相を呈していたが、長いトンネルから抜け出したばかりのカエラが生み出す開放感は天井知らず。曲を追うごとにすべての音と言葉が凄まじい爆発力を誇っていき、最終的には彼女をよく知る者でも驚くほどの世界を創造してみせる。

<「私がPUNKYの世界へ連れてってあげるから!」生きる力を注ぐ姿勢>

 「皆さん、KAELA presents PUNKY STUDS TOURへようこそぉー!!! 記念すべき初日です。ていうか、みんなさ、フラゲしたの?(この日はアルバム『PUNKY』発売日前日)意外としてない? でもさ、音楽は乗ったもん勝ちだから。しかもPUNKYだから! とにかくノリは良いから!(でもアルバムは)とにかく買って(笑)。めっちゃ良いから、アルバム! まぁこれからここで聴いたら分かると思うんだけど! 私がPUNKYの世界へ連れてってあげるから!」と自信満々に煽りながら、その後も聴き手をどこまでも自由にしてくれる、地団駄を踏んでくよくよしている気持ちをことごとく吹き飛ばしてくれるPUNKYな音楽、アティチュードを提示し続けていく。それは「EGG」や「向日葵」のような穏やかなバラードでも変わらず。何もかもうまくいかなくても、苦しくて涙が溢れてしまっても、いつかは羽ばたける。それまで私が側にいるよと、あなたを見つめているよと、絶対的に生きる力を注ぐ姿勢は崩さない。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会