ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

職場で円滑な人間関係を築くために 何を心掛けていけば良いか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

充実した仕事をするためには職場の人間関係を円滑に保つことが重要

世界屈指の長寿の人生を心豊かに生きていくには仕事に恵まれることはとても大切です。
しかしいくら出世しても、いくら稼いでも、いくら携わっている仕事が好きで価値あるものでも、職場で良好な人間関係が築けていなければ充実した人生を送っているとは言えないでしょう。
職場の人間関係は単に精神面のみならず様々な場面でも多大な影響を受けるからです。                

良好な人間関係を築くために大切な「思いやりの心」

ではどうすれば職場で良い人間関係が築けるか?
相手が自分の思い通りになってくれれば、これほど楽なことはありませんが、残念ながら相手は変わりません。
自分を変えることが先決です。
そして良好な人間関係は損得勘定では築けません。
自分にとってプラスになる人とだけ仕事を共にしたいと思っている人も多いようですが感心しません。
見返りを期待せず、常に相手に対し「思いやりの心」を発揮して下さい。

思いやりの心は「相手に不快感を与えない」「相手に好感を与える」という二つの側面を有しています。
前者は悪口を言う、横柄な態度をとる、無愛想に接する、上から目線で接するといった行為を行わないということですが、これらは最低限慎んでいただきたいものです。
後者の相手に好感を与える行為には「挨拶」「身だしなみ」「態度・表情」「聞き上手」「称賛」等が有りますが大切な要素ですから詳しく触れておきます。

相手に好感を与える行為について

○先手必勝の挨拶
挨拶の目的は「相手の存在を確認した」という意味と、「相手と仲良くしたいという気持ちを具体的に表現すること」です。
だからされるのを待つのではなく、「先手必勝」の挨拶を心掛けて下さい。
日本の挨拶には上下関係も男女の違いもありません。
相手に気づいたら明るく、元気に、前向きの言葉を添えて、目を見てして下さい。
加えて相手の名前を呼ぶこともお忘れなく。
名前を呼べば呼ぶだけ心の距離が短くなります。
また別れ際の挨拶は特に大切にして下さい。

○ちょっとした「ありがとう」
何か世話になれば「ありがとう」の言葉を連発して下さい。
出し惜しみすることなく何度も何度もありがとうの言葉を発して下さい。
「すみません」はお願も、断りも、お礼にも使用できる便利な言葉ですが、インパクトが有りません。

○身だしなみ
「見た目」は好感を与える意味において大切です。
清潔感の漂う身だしなみを心掛けて下さい。
ちなみにファッションは自分目線、身だしなみは相手目線です。

○態度・表情
上から目線の横柄な態度ではなく、謙虚さが大切で「実るほど首を垂れる稲穂かな」です。
加えて「笑う門には福来る」です。
いつも頬笑みを絶やさない人には自然に人が集い、そこから素敵なコミュニケーションが生まれます。

○「話し上手は聴き上手」
先ずは相手の話をしっかり聴いて、それを理解して、尊重して下さい。
聞き役に徹することはとても大切です。
くれぐれも「話し上手の聴き下手」にならないでくださいね。
相手の話に耳を傾け、相槌を打ちながら目を見て、がポイントです。
「聞く」が7割から8割、「話す」が2割から3割がお勧めです。

○「称賛」と「お世辞」
お世辞は褒める代わりに代償を求めますが、相手にとってお世辞か称賛かは解りません。
しかしいずれも気分が良くなります。
いいところを見てさりげなく褒め言葉を口にして下さい。
具体的に相手をいい点を言葉に出すことは大きな効果が期待できます。

人との関係を深めていくにはギブ&ギブの精神で

以上を相手と一生付き合う気持ちで、まめに発揮することが大切です。
相手に好感を与えればまた会いたいと相手も思ってくれます。
また人脈づくりのポイントは相手に関心を持ち「ギブ&ギブ」です。
まず相手に与えることから始めてください。
お役立ち情報や素敵な笑顔や褒め言葉をプレゼントする手もあります。
そして相手から「この人と共に仕事がしたい」「この人となら楽しく出来る、信頼できる」と思ってもらうことです。
小手先のスキルより、先ずは感謝の心、尊敬の心、優しさ、忍耐力、気力や体力、使命感等の人間力を磨き、その上に経験や専門性が加われば理想的です。
いつの時代でも誠実に、正直に、真面目に、前向きに一生懸命仕事に取り組んでいる人を職場仲間は放っておかないと思います。

(平松 幹夫/マナー講師)

関連記事リンク(外部サイト)

暑い夏 職場の身だしなみで一番気をつけたい「汗とニオイ」
国際化の中で見直したい「お正月」の意義
自分も相手も幸せになる話し方とは

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP