ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハルメンズが復活ライブを開催、ニューウェイブの大物が多数集結

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月16日、渋谷クラブクアトロで“伝説のバンド”ハルメンズX(エックス)のライブ【ハルメンズXの伝説~俺たちのラスト・ワルツ!~】が開催された。

 活動期間の短さから“伝説のバンド”と呼ばれたハルメンズだが、今年サエキけんぞうを中心にハルメンズXとして復活。新アルバム『35世紀』を発売して新旧のニューウェイブファンから再び注目を集めている。発売記念となった本ライブには世代を超えて多くのファンが集まり盛り上がった。

 ライブは女子3人組ユニット“リアル3区”のアクトからスタート。ハルメンズのボーカル・サエキけんぞう とドラム・泉水敏郎による新バンド・ジョリッツ、長らくサエキと共にハルメンズを演奏してきたBoogie the マッハモータースのアクトを経て、本編のハルメンズXへと続き、各バンドがハルメンズの新旧曲を熱演した。

 ザ・バンドの「ラスト・ワルツ」にヒントを得たという本ライブは、中盤のゲストコーナーで、鈴木慶一(ムーンライダーズ)、巻上公一(ヒカシュー)、イリア(ジューシィ・フルーツ)、直枝政広(カーネーション)ら80 年代ニューウェイブを彩った多数のアーティストがゲスト参加。各アーティストの代表曲をハルメンズXがバックで演奏しながら披露し、 80年代ニューウェイブのヴィンテージ感あふれるステージを繰り広げた。

 またシークレットゲストには、『35世紀』のジャケットイラストを手がけた太田螢一、『ハルメンズの20世紀』でボーカル参加した佐藤奈々子、サエキの盟友・手塚眞らが登場。さらに予定になかった松永天馬(アーバンギャルド)も急遽飛び入り参加。今回のライブで活動を休止するというハルメンズXだが、この日はオリジナルベーシストの石原智広も登場し、ファンには特別に思い出深い夜となったようだ。

◎ライブ概要
『 ハルメンズXの伝説 』
2016年 11月 16日(水)
【出演者】ハルメンズX / Boogie the マッハモータース / ジョリッツ
【ゲスト】鈴木慶一(ムーンライダーズ)/直枝政広 (カーネーション) / 巻上公一( ヒカシュー)/イリア(ジューシィ・フルーツ) / 小川美潮(チャクラ) / 松尾清憲 &一色進(シネマ)/久保田慎吾(8 1/2)リアル3 区   
【シークレットゲスト】佐藤奈々子、手塚眞、石原智広(ハルメンズ)、松永天馬(アーバンギャルド)

関連記事リンク(外部サイト)

ムーンライダーズ「活動休止の休止スタート!」の一声で活動再開
カーネーション 新アルバムより「いつかここで会いましょう」(「Edo River」詩情続編)MV公開
カーネーション、『a Beautiful Day』の再現ライブが開催決定 リリース20周年を記念

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP