体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

R2-D2がリモコン操作やプログラミングのできるスマートトイに! 単体でもスマホ連動でも遊べる『スマート R2-D2』レビュー

R2-D2がリモコン操作やプログラミングのできるスマートトイに! 単体でもスマホ連動でも遊べる『スマート R2-D2』レビュー

タカラトミーは11月26日、『スター・ウォーズ』シリーズの人気ドロイド、R2-D2のおもちゃ『スマート R2-D2』を発売しました。音や動きに反応したり走り回るおもちゃとして単体で遊べるだけでなく、スマートフォンと連動して、リモコン操作や動作のプログラミングができるスマートトイにもなるのが特徴です。発売当日にレビューをお届けします。

smartr2d2_2

『スマート R2-D2』は、自走やリモコン操作ができる、R2-D2を再現したおもちゃ。『スター・ウォーズ』シリーズ旧6作品に加えて、最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』すべてに出演、エピソード9まで登場すると言われている人気キャラですから、おもちゃも出尽くしていると思いきや……。

smartr2d2_3

パッケージにおどる「SMART」「INTELLIGENT」の文字! スマートフォンと連動するスマートトイとして登場したのです。

smartr2d2_4 smartr2d2_5 smartr2d2_6

外観は、造形や彩色を忠実に再現。そのまま飾っても目を引くクオリティです。

smartr2d2_7

動作には単三電池4本が必要。充電式でない点は、アナログなおもちゃらしい感触で好感を持てます。

smartr2d2_8

劇中ではホログラムを投射する頭部のレンズ。こちらが回転式のスイッチになっています。左にひねると“動作限定(Stationary)モード”、中央にすると“動作(Mobile)モード”、右にひねると“警備(Guard)モード”。スイッチを長押しすると電源をON/OFFできます。頭部のランプは赤と青に点灯し、機械音の独特のボイスも忠実に再現。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。