ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国Vivo、2,000万画素フロントカメラを搭載した「Vivo V5」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー Vivo は、ミッドレンジクラスのスペックながらも、前面に 2,000 万画素という高解像度カメラを採用した Android スマートフォン「Vivo V5」を発表しました。Vivo V5 は Android 6.0 Marshmallow を搭載した 5.5 インチ画面の機種で、フロントカメラには Sony IMX376(1/2.78 インチ)という比較的大きめのイメージセンサーを使用しています。Vivo V5 は自撮りに特化したスマートフォンで、イメージセンサーにこだわったほか、Moonlight Glow と呼ばれる肌色を自然な明るさに補正する機能も搭載しています。Vivo V5 の主要スペックは、5.5 インチ 1,280 x 720 ピクセルの IPS 液晶、MediaTek MT6750 1.5GHz オクタコアプロセッサ(Mali-T860 GPU)、4GB RAM、32GB ROM、背面に 1,300 万画素カメラ、3,000mAh バッテリー、指紋リーダーなどを搭載しています。Source : Fone Arena

■関連記事
Xperia XZの標準カメラアプリで月の表面までを捉える撮影テクニック
Galaxy A7(2017)はIP68レベルの防水やUSB Type-Cに対応か?
沖縄セルラー、Android対応の家庭用水耕栽培キット「やさい物語」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP