ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LAID BACK OCEAN“音楽のないミュージックビデオ”で「音楽がなくなってしまった後の世界」を表現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ピアノロックバンドのLAID BACK OCEANが、おそらく世界で初めてとなる“音楽のないミュージックビデオ”を公開した(http://y2u.be/nnPdDzH63to)。

“音楽のないミュージックビデオ”キャプチャ

 LAID BACK OCEANは、今年の8月から「CDのパッケージには収まらないものを届ける」というコンセプトのもと、「RE:SOUZOU PROJECT」と題したリリースプロジェクトを行っている。これまでも「ドロドロしたジェルの中に沈められて一度開封すると二度と元に戻せないCD」や「歌詞カードからあの青春のイカ臭い匂いがするCD」などを誕生させ話題となってきたが、3作目『想像』には、無音のCDが封入されており、その音楽を聴こうとする行動自体が「音楽がなくなってしまった後の世界」を表現する内容になっている。

 今回“音楽のないミュージックビデオ”として公開されたのも、この楽曲「RE:SOUZOU」のMVとなり、「音楽がなくなってしまった後の世界」で、それでも音楽を信じ、音楽を探し求める少女が主人公となっている。

 なお、「RE:SOUZOU PROJECT」は同バンドのWEBサイトで限定商品として販売されていたもので、既に全て売り切れとなってしまっているが、「RE:SOUZOU PROJECT」第2弾として、来年2月から新たな作品を発売することが発表されている。

◎「RE:SOUZOU PROJECT 2」
2017年2月/3月/4月連続リリース予定。詳細/申込方法などは後日発表。

関連記事リンク(外部サイト)

UVERworld、話題のショートムービー1話の全編をニコ生で世界初公開
UVERworld クリスマスの日本武道館ライブ映像作品から「Roots」先行公開
UVERworld 8月からのサマーツアーは沖縄で終幕! 誠果の誕生日SPとなり「君の好きなうた」も披露

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP