体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通 鍋ウィーク】今年の忘年会はコレで決まり! 本気度がヤバい“塚田農場”の絶品鍋

tsukada_8

幹事さん、そろそろ忘年会のお店を考え始める時期じゃないですか? 急激に寒くなってきたし、鍋の気分じゃないですか? ウマい鍋が食べたくありませんか?

今回は、忘年会シーズンに持って来いの鍋料理の中から、リーズナブルに楽しめる“塚田農場”の激ウマ鍋2品を紹介します

『本気の水炊き』の本気度がスゴい

tsukada_2

最初に紹介するのは、塚田農場全店で忘年会限定のコースメニューに含まれる1品として提供される『本気の水炊き』。水炊きと言えばポン酢で味わうものを想像しますが、そんな定番の概念を覆す“本気”を感じることができるのがこの鍋です。

tsukada_1

まず目を引くのは、鍋に入ったプルプルの塊。その正体は、地鶏のガラを8時間以上煮出して作った“超濃厚鶏白湯”です。

tsukada_3

“美人鍋”とも呼ばれるコラーゲンたっぷりの鶏白湯をベースに、具材にはレタス、豆苗、小松菜、紅芯大根、長ネギ、油揚げ、えのき茸、しいたけ、きくらげ、豆腐、エビ、生つくね。豊富な野菜をまとめて食べられるのも鍋料理の嬉しいポイントですよね。

tsukada_5

鍋に火を入れると、柔らかく煮込まれたチキンレッグが姿を現します。圧力をかけて炊いているので、箸でつかむとほろっと崩れるほど柔らかく、骨まで食べられるのが特徴。これだけでもお酒のつまみになるくらい癖になるウマさです。

tsukada_6

『本気の水炊き』には、国内の肉用鶏全体のうち1%しか生産されていない地鶏を食べることで、「貴重なチャンスをつかみ、 酉年の2017年を飛翔の年にしてもらいたい」という思いが込められているそう。

tsukada_7
1 2 3次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。